結婚

結婚式の友人スピーチは何を話せばいい?NGワードや例文も

2017/10/14

人前でしゃべり慣れていない方は、結婚式の友人スピーチで何を話していいかわかりませんよね?

スピーチにはマナーがあるので、失敗すると変な空気にもなりかねません。

ここでは、結婚式の友人スピーチでのマナーをご紹介しています。例文などもあわせてご紹介しているので、参考にどうぞ。

スポンサーリンク

友人スピーチの基本マナー

友人スピーチなので、内容があまり硬くなりすぎないように注意し、話し言葉ではなく敬語で話すのが基本です。

また、スピーチの時間は5分以内で依頼される場合が多いと思いますが、大体2〜3分くらいを目安に作りましょう。

文字数だと、600〜800文字くらいです。

短すぎるスピーチはよくありませんが、気合を入れすぎてスピーチが長くなることも避けましょう。

スピーチの基本構成

スピーチのオーソドックスな構成は次のとおりです。

  1. 新郎新婦・親族へのお祝いの言葉
  2. 自己紹介
  3. 新郎新婦の長所・交際中の素敵なエピソードなど
  4. 祝福の言葉

この内容で作れば、600〜800文字くらいはすぐに到達すると思います。

また、お祝いの席なので暗い話は絶対に避けます。相手を褒めたり、ほんわかする話にしてください。

スピーチ例文

「○○君、△△さん、ご結婚おめでとうございます。また、両家のご親族におかれましても、誠におめでとうございます。

ただ今ご紹介にあずかりました、●●です。

新郎の○○君とは(もしくは新婦)、中学校以来の友人で、かれこれ10年来の付き合いになります。

〜〜〜長所やエピソード〜〜〜

そんな2人ですから、これから末永い幸せが約束されていると思います。

本日は、お招きいただきありがとうございました。」

スポンサーリンク

スピーチで避けるべき話・言葉

スピーチでは、次のような話は避けます。

  • 異性関係の話
  • ウケを狙った暴露話

異性関係の話は言うまでもないと思いますが、笑いをとるための暴露話もダメです。主役の新郎新婦が恥をかくようなことがあってはいけません。

NGワード

話の内容だけじゃなく、使ってはいけない言葉もあります。

  • 切る
  • 終わる
  • 帰る
  • 失う
  • 散る
  • 冷める
  • 破れる
  • 飽きる
  • 重ね重ね
  • 再び
  • 再三

などの言葉は、「忌み言葉」「重ね言葉」といって、結婚式にはふさわしくないとされているので、使わないよう注意してくださいね。

サプライズで突然指名されたら

友人スピーチは、本来なら事前にお願いされますが、ごく稀にサプライズで当日指名されることもあります。

その場合、「いきなりなんて無理」と断りたくなると思いますが、空気が悪くなるので断らないのがマナーです。

サプライズとあれば、長く喋ることが難しいのは相手も承知。短くてもかまわないので、お祝いの言葉をかけてあげましょう。

サプライズ指名された場合の例文

サプライズ指名され、特に思い浮かばない場合は、以下のような短いスピーチでも大丈夫です。

「○○君、△△さん、ご結婚おめでとうございます。また、両家のご親族におかれましても、誠におめでとうございます。

ただ今ご紹介にあずかりました、●●です。

突然のご指名でしたので、とても緊張しています。(照れ笑い)

うまく言葉が出てきませんが、素敵なお2人ですから、これから末永い幸せが約束されていると思います。

お幸せに!」

アドリブに強い方は、エピソードトークなどを挟んであげれれば言うことなしです。

まとめ

友人スピーチは、相手の長所を言ったりエピソードトークをするのが基本です。

決してマイナスな話はせず、NGワードに気をつけて、2〜3分のスピーチになるよう心がけましょう。

その他のマナーは大丈夫?

>>結婚式・披露宴に招待されたら気をつけるべき7つのマナー

>>結婚式のご祝儀に関するマナー!金額・祝儀袋の種類・袱紗など

-結婚