ビジネス

会社を辞めるときのマナー|伝える時期や退職願の書き方は?

「よし、退職しよう!」と思っても、何から手をつけるべきなのか、どのようなことをすればいいのか未知数でお困りかと思います。

せっかく新しい環境へ踏み出すなら、気持ちよく円満退社を目指したいものです。

ここでは、会社を辞めるときのマナーをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

退職を申し出るのは最低でも1ヶ月前までに

退職において最も大切なポイントが「伝える時期」です。

最低でも1ヶ月前、できれば余裕を持って3ヶ月前には伝えるのがベストでしょう。

早めに申し出る理由は、抜けた部分をカバーするための人事移動や、それに伴う引き継ぎなどの時間を確保するためです。

会社は様々な人の組み合わせで動いているため、自分1人の勝手な都合で動かれると迷惑がかかります。

円満退社を目指すなら、1〜3ヶ月前には伝えられる余裕を持ってください。

退職までの流れ

①上司に申し出る

退職の第一歩は、自分の上司に退職の意思を伝えることです。

いきなり社長へ退職の話をしたり、退職願を出したりすることはやめましょう。失礼なヤツだと思われます。

まずは、上司に相談という形で「会社を辞めようかと思っているんですけれど」と話してみてください。

②退職願を出す

上司に相談した後は、退職願を書きましょう。

退職願いは、「退職させて頂きたいのですが」と伺いを立てるためのものです。

親しい人たちに退職を知らせるのは、退職願が受理されてからにしましょう。

※退職届の書き方は記事後半でご紹介しています。

③引き継ぎをする

退職願いが受理されたら、いよいよ退職へ向けての準備をします。通常業務はこれまで通りこなし、そこに引き継ぎ業務が加わります。

引き継ぎというのは、自分のやっている業務を後任の方へ伝えることです。

業務内容や指示を書いた「引き継ぎ書」を作ったり、一定期間一緒に仕事をして覚えてもらったりします。

このあたりは、会社によって異なると思うので、臨機応変に対応しましょう。

④備品の整理・返却をする

引き継ぎもある程度終わって退職日が近づいてきたら、身辺の整理をします。

会社の備品は持ち帰ってはいけません。

  • 筆記用具
  • カバン
  • デスク用品
  • 名札・社員証

など、会社から支給されたもの一切を置いていきましょう。

⑤退社

これらが終われば、あとは退社するだけです。次への新たな1歩を踏み出しましょう。

退職者の中には、可愛がってくれた上司、先輩、苦手だった上司、取引先だった方など、関わりのあった方へ「挨拶状」を出す方もいらっしゃいます。

退職を知って、どこからか声がかかる可能性もあるので、人脈を大切にしたい方はお忘れなく。

スポンサーリンク

退職願の書き方

ポイントは、押印を忘れないようにするくらいです。

上記の文面は例文ですが、この内容で問題ないため、書くときの参考にどうぞ。

退職理由で本当のことを言ってはいけい?

新しい事業をはじめたい、自分の力を試したいということであれば、言ってもいいいと思います。

しかし、特に理由がなくやめたいときにウソの理由を言うのだけはやめましょう。

例えば、「会社への不満」を理由にしてしまうと、その部分を改善するからと言われれば、退社する理由がなくなってしまいますよね?

また、「親の介護をしなくてはいけない」なんてウソをつけば、在宅ワークを認められるかもしれません。

そうならないためにも、特に大きな理由がない場合は「一身上の都合」で通すことをおすすめします。

ただし、本当に介護や待遇への不満が理由なら、退職を考える前に1度相談してみてはいかがですか?対応してくれるかもしれませんよ。

まとめ

会社を辞めるときは、まず上司に相談し、それから退職願の提出や引き継ぎを行います。

いきなり「明日辞めます!」なんてことにならないよう、退職のマナーを守って気持ちよく次への1歩を踏み出しましょう。

-ビジネス