ビジネス

会社を早退するときのマナーとは?理由や引き継ぎなど

遅刻や欠勤にマナーがあるように、早退にもマナーがあります。

  • 早退できるケース
  • 仕事の引き継ぎ
  • 後日のお詫び・お礼

などなど、社会人として当然知っておくべきものばかりです。

ここでは、会社を早退するときのマナーをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

どんな場合なら早退できるか?

急な早退は、その人の仕事が進まなくなるので、仕事に穴をあけることになります。

そのため「どうしようもない理由」の場合のみ可能と考えた方が良いでしょう。

どうしようもない理由とは、次のようなものです。

  • 家族が危篤
  • 家族が事故にあった
  • 誰かが亡くなった(弔事)
  • 体調不良
  • 子どもが熱を出した

事前にわかっている場合は早めに届けを出す

前々から早く帰ることがわかっているなら、早めに早退届けを出しましょう。

  • 葬儀(家族の場合は忌引きなので別)
  • 子どもの迎え

このように、数日前にはわかることは、そのときに早退届けを出すのがベストです。

上司はそれを見越したうえで、当日の予定などを組むことができるため、仕事の遅れを防ぐことができます。

必ず直接伝える

早退できる条件がわかったら次は伝え方ですが、直属の上司に直接伝えるのがマナーです。

たとえ早く帰りたくても、同僚に伝言を頼むのは、マナー以前に社会人としての責任感に欠けます。

もし同僚が伝えわすれたら「無断欠勤」とも捉えられるので、早退の申し出は直接伝えてください。

上司と連絡が取れない場合は?

上司が出張、会議、商談などで長時間連絡が取れないときは、

  • 上司の上司
  • 上司の補佐(副部長・課長補佐…etc)

など、上司と同等かそれ以上の権限を持つ方に伝えましょう。

仕事の引き継ぎをする

早退の許可をもらうのと同時に行うのが、仕事の引き継ぎです。

  • 商談がある
  • 来客予定がある
  • 自分進行の会議がある

このように、自身がいなくなることで支障の出る業務は、誰かに引き継がなくてはいけません。

もちろん、ただ「○○があるからお願い」ではなく、内容を理解できる引き継ぎ書などは必要でしょう。

「自分が逆の立場だと引き継げるかどうか」

これを基準に引き継ぎ書を考えると作りやすいはずです。

もし急ぎの仕事がない場合は、引き継ぎしなくてもかまいません。

スポンサーリンク

後日にお詫び・お礼を伝える

早退後、最初の出勤日には、同僚・上司などにお詫びとお礼を伝えるのがマナーです。

先日は、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

また、仕事のフォローをしていただき、ありがとうございました。

無事体調も回復しましたので、遅れを取り戻すためにも、これまで以上に業務にはげみたいと思います。

自分の仕事を引き受けてもらった方へは、少し丁寧気味に、

先日は、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

○○(相手)さんには、○○社との打ち合わせをフォローしていただき、ありがとうござます。

おかげで話が順調に進みそうです。これも○○さんのおかげです。

無事体調も回復しましたので、これまで以上に業務にはげみたいと思います。

この度は、本当にありがとうございました。

など、感謝の気持ちを乗せてお詫び・お礼を伝えてください。

ズル休みしたいときは?

「もう今日は仕事したくない!」こんなときありますよね?

でも、早退のためにウソの理由をつけてズル休みするのは、あまりおすすめしません。

ウソがバレたときは面倒です。

  • 風邪をひいた
  • 熱が出た

などの理由をつけても、上司に病院での診断書をもらってこいと言われるかもしれません。

信用をなくしたくない方は注意してください。

時間給・有給を使う

もし時間給や有給があるなら、思い切って使うのも手です。

本来なら、前もって承諾をもらうものですが、「午後から有給を使ってもよろしいでしょうか?」と聞くのもありです。

忙しくない時期なら、OKがもらえることもあるでしょう。

ズル休みのためにウソをつくくらいなら、時間給・有給の申請をしてみてはいかがですか?

まとめ

会社を早退するときは、できるだけ早く上司へ連絡し、業務の引き継ぎなどを行います。

後日は、お詫びとお礼を忘れずに伝えましょう。

-ビジネス