葬儀

葬儀で失礼にならないための服装マナー

2017/10/14

葬儀は、お通夜と比べて少しだけ服装マナーが違うため注意が必要です。お通夜と同じだと、相手へ失礼にあたることもあります。

ここでは、葬儀での服装マナーをご紹介しているので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

葬儀は喪服で参列

葬儀は喪服で参列するのが一般的です。

お通夜は急なことがほとんどなので平服でもかまいませんが、葬儀は1日以上余裕があるため喪服で参列するのがマナーになります。

逆に、黒以外のスーツやワンピースは、マナー違反と捉えられることもあるので注意しましょう。

男性の喪服

男性の喪服は以下の通りです。

  • 上下黒のスーツ
  • 白のワイシャツ
  • 黒のネクタイ
  • 黒の靴(光沢のないもの)
  • 黒の靴下

また、厳密には親族なのかそうでないのかで、喪服のグレードも変わってきます。

親族ならば正喪服か準喪服、それ以外なら準喪服を着るのが一般的です。

とは言ったものの、グレードなどよくわからない方も多いと思いますので、とりあえずブラックのフォーマルスーツなら大丈夫と覚えておきましょう。

女性の喪服

女性の場合は大きく3つの服装に分けられます。

  • 着物(和装)
  • 黒のスーツ
  • 黒のワンピース

葬儀で着物を着るような方は服装のマナーに詳しいと思いますので、ここでの説明は省略します。

それ以外の方は、黒のスーツかワンピースで参列するのが一般的です。

上の画像のような、黒で袖が5分丈以上あるものです。

また、葬儀では肌をあまり見せないのがマナーなので、スカートの場合は黒のストッキングをお忘れなく。

喪服を持っていない場合は?

社会に出たばかり、もしくは学生さんなどは喪服を持ってないこともあると思います。

その場合は、次のような服装になります。

  • 社会人:ダークスーツ(黒・グレー・紺)、黒の革靴、白のワイシャツ、黒のネクタイ
  • 学生:制服

スーツはいきなり揃いませんが、シャツやネクタイならすぐ手に入るので、葬儀までに揃えましょう。

また、学生さんは制服が正装になります。

もしも学校の制服がない場合は、白いシャツやブラウスに、黒や紺のブレザーやズボン、スカートを合わせてください。

スポンサーリンク

身だしなみの注意点3つ

その①アクセサリーは身につけない

男女ともに、アクセサリーは身につけないのがマナーです。身につけてもいいのは結婚指輪だけです。

なので、ピアスやネックレス、ブレスレットなどは外します。

また、女性は真珠のネックレスならば着けてもかまいません。ただし「不幸が重なる」という意味を避けるため、2重になったものはダメです。

その②動物の皮を使ったものはNG

動物の皮を使ったベルトや靴は、殺生を連想させるため失礼にあたります。

ここでいう動物の皮は、ヘビ皮のように生き物の形などがわかるものなので、一般的な牛皮の靴などは大丈夫です。

その③化粧は控えめに

女性は、落ち着いた雰囲気のナチュラルメイクを心がけましょう。

例えば、赤の口紅や派手なアイシャドウ、真っ白にファンデーションを塗りたくるような化粧は当然マナー違反です。

まとめ

葬儀は、男性も女性も喪服で参列するのがマナーです。

また、喪服がない場合は見合った服装を、学生さんなら制服を着て参列しましょう。

お通夜に参列する方はこちらも参考にどうぞ。

>>お通夜の服装に関するマナー

-葬儀