お祝い

卒業祝いの相場はいくら?プレゼントについても

卒業祝いの相場は、中学・高校・大学と卒業する年齢によって異なります。

ここでは、そのような祝い金の相場から包む祝儀袋の種類まで、卒業祝いに関するマナーをご紹介しているので参考にしてください。

スポンサーリンク

卒業祝いはどんな場合に贈る?

卒業祝いは身内だけで祝うのが一般的で、あまり盛大に行いません。

また、入学や就職とかぶることが多いため、どちらかというそちらを盛大に祝うことが多いです。

そのため、浪人した場合、職にはつかなかったけれど卒業した場合に贈ります。

進学、就職が決まっている場合は、入学祝い・卒業祝いを渡しましょう。入学祝い、卒業祝いに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

>>入園・入学祝いの相場やプレゼントの選び方|進学するかわからない場合は?

>>就職祝いのおすすめプレゼントをご紹介|相場や渡すタイミングなどのマナーも

卒業祝いの相場

卒業祝いの相場は、次のとおりです。

  • 中学卒業:5,000〜10,000円
  • 高校卒業:10,000〜20,000円
  • 大学卒業:10,000〜20,000円

年齢が高くなるにつれて、金額も高くなっていきます。

また、包むときに9,000円は包まないのがマナーです。「9=苦」を連想させるためです。

他の祝儀・不祝儀を包むときも、4,000円や9,000円など「死」や「苦」を連想させる金額は避けるので覚えておきましょう。

現金じゃなくプレゼントを渡したい

現金を包まず、何か物をプレゼントしてあげても良いでしょう。

本来なら、進学や就職にむけて勉強などに励みなさいという意味を込めて、筆記用具などを贈るのが筋です。

けれど、実際はそこまで厳格化されていません。

相手が欲しいと望むものをプレゼントしても良しという風潮なため、そこまで気にする必要はないでしょう。

予算的に選べるものだと、

  • ミュージックプレイヤー
  • タブレットPC
  • 
腕時計

などが、若者に喜ばれる傾向にあります。

スポンサーリンク

卒業祝いを渡すタイミング

卒業祝いは、卒業式後から3月中に渡すのがマナーです。

早くてもいけませんし、4月に入ると新生活で何かと忙しくなるため、3月中に渡さないと迷惑をかける可能性があります。

もしタイミングが合わず渡せなかった場合は、「遅くなって申し訳ない」とひと言お詫びしてから渡しましょう。

祝儀袋の種類と表書き

現金を包む祝儀袋は、熨斗付きで水引が紅白・蝶結びのタイプを選んでください。

子どもの成長を祝うものなので、「何度あっても良い」という意味を持つ蝶結びでなければいけません。

間違えて結び切りを選ばないように注意しましょう。

また、祝儀袋の表書きは、

  • 御祝
  • 祝御卒業
  • 御卒業御祝

の、どれかを書くことをお忘れなく。

プレゼントを贈る場合は、そのままの包装で渡さずに、必ず熨斗をつけるようにしてください。

まとめ

祝儀を渡す場合は、次の金額を目安にしてください。

  • 中学卒業:5,000〜10,000円
  • 高校卒業:10,000〜20,000円
  • 大学卒業:10,000〜20,000円

また、卒業祝いは進学・就職が決まっていない場合に贈るのが一般的です。

もし進学・就職が決まっている場合は、入学祝いや就職祝いを渡すようにしましょう。

>>入園・入学祝いの相場やプレゼントの選び方|進学するかわからない場合は?

>>就職祝いのおすすめプレゼントをご紹介|相場や渡すタイミングなどのマナーも

-お祝い