食事

つけそば(ざるそば)の美味しい食べ方|まずは何もつけずに食べる?

つけそば(ざるそば)には、香りを楽しんだり美味しく味わうための食べ方があります。これを知れば、そばをさらに好きになること間違いなしです。

ここでは、つけそば(ざるそば)の美味しい食べ方をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

つけそば(さるそば)の美味しい食べ方

最初は何もつけずに

そばといえば、独特の香りが特徴です。

これを楽しむためにも、まずはつゆなど何もつけずに、そばだけを2、3本食べてみてください。

そば本来の味を十分楽しんだら、その後つゆにつけて食べましょう。

味の変化は徐々に

つゆには、わさび、ねぎ、ウズラの卵などの薬味がついています。

これらは、一気に入れてしまわず徐々に入れていくほうが、味の変化を楽しむことができるのでおすすめです。

もちろん薬味は強制ではありません。

そばとつゆだけを味わいたい方は、そのまま最後まで食べてしまってもOKです。

口に入りきる量を取る

そばを食べるときは、口に入りきる量だけを取りましょう。

多く取りすぎて口に入りきらず、途中で歯で噛み切るのはマナーとしてあまり良くありません。

それよりも、一気にすすって鼻から抜ける香りを楽しんでください。

スポンサーリンク

できるだけ早く食べる

そばは時間が経つと固まってしまうため、おしゃべりしながらゆっくり食べるのには向いていません。

出てきたら早いうちに、ササッと食べてしまうのがマナーです。

SNS用に写真を撮りたいからといって、10分も20分も食べないのは、作り手に対して失礼なのでやめましょう。

残ったつゆはそば湯を入れて飲む

残ったつゆまで飲むのが、そばのツウな楽しみ方です。

こだわりのそばを出す店では、つゆにもこだわっているので、そば湯で飲みやすく薄めてから飲んでみてください。

そば湯にはそばの香りが存分に出ているので、上品な和風スープを飲んでいるような感覚が味わえるはずです。

また、そば湯は栄養豊富なので健康にも良いです。

そばの気になるアレコレ

「つけそば」と「ざるそば」に違いはある?

つけそばとざるそばの違いは、刻み海苔が散らしてあるかどうかです。

刻み海苔が散らしてあるのが「ざるそば」です。

昔はつゆに違いもあったようですが、現代はその違いはなくなっています。要するに、ほぼ同じということです。

つゆをたくさんつけてはいけない?

つゆにちょっとしかつけないのが、そばの粋な食べ方なんて話もありますが、そんなルールはありません。

つゆをたっぷりつけてもマナー違反にはならないので、安心して食べてください。

まとめ

そばの美味しい食べ方は次のとおりです。

  • 最初は何もつけずに2、3本食べる
  • 薬味は徐々に入れていく
  • 口に入りきる量を取る
  • できるだけ早く食べる
  • 残ったつゆはそば湯を入れて楽しむ

以上の5つを覚えておけば、そばを今まで以上に楽しむことができるので、ぜひ実践してみてくださいね。

-食事