お祝い返し

出産祝いのお返しで気をつけるべき5つのマナー|おすすめのプレゼントも

出産祝いをもらったら、感謝の気持ちを込めてお返しを贈るのが常識です。

ところが、マナーを知らなくて相手に不快な思いをさせてしまったり、失望させてしまうこともしばしば。。。

そうならないためにも、ここでご紹介している出産祝いのお返しマナーを参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

出産祝いのマナー5つ

お祝いより高価なものを返さない

出産祝いに限った話じゃありませんが、お祝いのお返しがいただいた額よりも高額になるのはタブーです。

お祝いは「何かしら足しにしてほしい」「少しでも助けになれば」などの気持ちで贈るものです。

それなのに、お祝いよりも高額なものをもらっては、相手の気持ちをないがしろにしているのと変わりません。

なので、お返しはいただいた額の3分の1〜2分の1の範囲で選びましょう。

ただし、逆に安すぎても失礼なので、明らかに3分の1よりも低いものは選ばないようにしてください。

お返しはなるべく早く

出産祝いのお返しは、なるべく1ヶ月以内、遅くても2ヶ月以内に渡すのがマナーです。

産後は、何かとバタバタするので時間がありません。

なので、大方の予想をしておいて、ある程度準備をしておくのも1つの手です。

また、里帰り出産する方は1ヶ月ほど戻らないと思いますので、帰ってきてすぐお返しできるようにしましょう。

熨斗(のし)をきちんとつける

最近では、ネット通販で気軽にお返しが買えるうえに、可愛く梱包までしてもらえて便利です。

しかし、お祝い返しはきちんとした礼儀なので、熨斗は必ずつけるようにしてください。

どれだけ良い物を選んでも、そこの礼儀を欠くと台無しなので要注意です。

品物と一緒に挨拶状を添える

お返しの品には、挨拶状やメッセージカードをつけるのもマナーの1つです。

もし逆の立場だとして、お返しの品だけポーンと送られてきたら、あまり良い気はしませんよね?

なので、かならず挨拶状を添えて感謝を伝えます。

この度は、心温まるお祝いをいただきまして、まことにありがとうございました。

出生は○月○日、名前は○○と名付けました。

ささやかながら、心ばかりの品をお贈りさせていただきます。

今後とも、親子共々宜しくお願い致します。

この程度の短い文でも構わないので、どれだけ忙しくても忘れないようにしましょう。

当人がきちんと渡す

どれだけ大変だとしても、お祝いのお返しは当人が必ず渡すべきです。

中には、代わりに親がお返しを渡して回ることもあるようですが、受け取る側からすると失礼だと感じます。

もし産後体調が良くないようであれば「体調が回復次第おうかがいします」と、旦那さんなどに伝えてもらうようにしましょう。

もちろん、遠方で直接会うのが難しい方もいるかと思います。

その場合は、電話などで「本来ならお目にかかってお礼申し上げるべきところですが」と、ひと言伝えてから、郵送するのがマナーです。

スポンサーリンク

出産祝いのお返しにおすすめな物

カタログギフト

食べ物は好き嫌いがあるし、インテリアや雑貨も好みがあるので、プレゼント選びはなかなか難しいです。

そこでおすすめなのが、カタログギフトです。

相手は好きなものが選べるので、はずすことがまずありません。

それにカタログギフトの価格帯は幅広いため、どんなお祝いの額にも対応できるので便利です。

日用品・消耗品

少し高級なタオルや調味料など、あれば使う物もお返しにおすすめです。

あまり好みも関係ありませんし、いずれ買うものなのでもらって困ることもありません。

今治タオルや高級調味料などが人気です。

好みがわかるなら食品や雑貨もOK

相手の好みを熟知しているなら、食品やインテリア、雑貨を選ぶのもありです。

もしくは、会話の中で欲しいと言っていたものがあれば、それをお返しに選んでも喜ばれると思いますよ。

まとめ

出産祝いのお返しで気をつけるマナーは次の5つです。

  • お祝いより高価なものは選ばない
  • 産後1ヶ月〜2ヶ月の間に渡す
  • 熨斗をつける
  • 品物には挨拶状を添える
  • 自分できちんと会って渡す

また、お返しの品に迷ったときは、カタログギフト、日用品、消耗品などから選ぶといいですよ。

-お祝い返し