お祝い

就職祝いのおすすめプレゼントをご紹介|相場や渡すタイミングなどのマナーも

就職祝いのプレゼントに決まりはありませんが、どうせなら喜ばれるものを渡したくありませんか?

ここでは、就職祝いのおすすめプレゼントをご紹介しています。

また、お祝い金の相場や渡すタイミングなどの基本マナーもあわせてご確認ください。

スポンサーリンク

プレゼントの基本はこれから役立つもの!

喜ばれる就職祝いプレゼント選びのポイントは、「これから役に立つもの」です。

はじめての就職とあれば、何かと必要なものを揃えなくてはいけません。

そんなこれから社会に出るための必須アイテムをプレゼントすると、喜ばれる傾向にあります。

また値段の相場は10,000〜30,000円程度が一般的です。

おすすめのプレゼントをいくつかご紹介しますので、参考にどうぞ。

名刺入れ

社会人の必需品「名刺」を入れておくケースです。

ながく使ってもらうためにも、本革などで作られたものなど、作りがしっかりしているものがいいでしょう。

ただし、ブランドを全面に押し出した派手なデザインはNGです。

ブランド物を選ぶにしても、名刺交換の時に出しても目立たない、控えめなデザインのものを選んでください。

定期入れ

電車やバスなどで通勤する人には、定期入れも人気です。

ブランド物の高級感ある定期入れなら、10,000〜15,000円くらいの価格帯でも買うことができます。

男性なら「PORTER」や「Orobianco」、女性なら「COACH」や「ジルスチュアート」などが無難です。

高級筆記用具

デスクワークや営業をする人には、筆記用具もおすすめです。

高級なボールペンになると、専用の芯も別売りで売られていますし、ネームを入れることもできます。

ボールペンの王様「モンブラン」は不動の人気。

腕時計

高級腕時計は厳しいですが、ビジネスにも使えて価格も抑え気味の腕時計ブランドはいくつかあります。

最近の流行りでいうと「ダニエルウェリントン」などがおすすめです。

ネクタイやアクセサリーは相手による

ネクタイは、相手がスーツを着る仕事の場合のみ贈りましょう。

ただし、ネクタイの好みは分かれますし、センスもかなり問われるので上級者向けの品なのは間違いありません。

また、女性にはアクセサリー類も良いのですが、こちらもセンスが問われます。

よほどの自信がない限りは、なるべく手を出さないことをおすすめします。

スポンサーリンク

お祝い金を包む場合の相場

プレゼントじゃなく、お祝い金として現金を包んでもかまいません。

その場合の相場ですが、続柄で次のように分けることができます。

  • 弟・妹:10,000〜30,000円
  • 親戚の子:10,000〜20,000円
  • 知人・友人の子:5,000〜10,000円

祝儀袋の種類と表書きの書き方

祝儀袋は熨斗(のし)付きのもので、水引は紅白・蝶結びのタイプを選ぶのがマナーです。

また、表書きは次のように書きます。

  • 御就職御祝
  • 就職御祝
  • 祝御就職

渡すタイミングはいつ?

就職祝いを渡すタイミングは、就職決定の知らせを受けてからすぐでOKです。

以前は初出勤の前に渡していたそうですが、前日や当日は何かとバタバタするので配慮に欠ける気がします。

それに、仕事に欠かせないものを渡すなら、早いに越したことはありません。

相手もいただいた品に合わせて、準備することができますからね。

卒業と就職が同時の場合は?

卒業と就職は被ることが多いです。

この場合は、まとめて「就職祝い」として渡しても問題ありません。

金額は先ほどの相場と同じでもいいですが、相手が一人暮らしをするなら、家電製品をプラスしてあげたりすると、さらに喜ばれるでしょう。

まとめ

就職祝いのプレゼントは、これから社会に出て必要になるものが喜ばれます。

また、プレゼントやお祝い金は、10,000〜30,000円の範囲でするようにしましょう。

-お祝い