結婚

結婚式のご祝儀に関するマナー!金額・祝儀袋の種類・袱紗など

2017/10/14

結婚式のご祝儀を包むとき、

  • いくら包めばいいのか
  • 祝儀袋の種類
  • 表書きの書き方

など、様々な疑問が浮かびますよね?

そこで今回は、結婚式のご祝儀に関するマナーについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

祝儀の相場は間柄によって違う

祝儀としていくら包むかは、新郎新婦との間柄によって多少変わります。

  • 友人・知人:20,000〜30,000円
  • 同僚・上司:20,000〜30,000円
  • 親族:20,000〜100,000円

親族の場合、姪や甥、疎遠な親族などは20,000円からですが、兄弟・姉妹は50,000円からが相場です。

もちろん、友人で50,000円包んでもいいですし、兄弟だからといって必ず50,000円以上でないといけないわけではありません。あくまでも目安として覚えておいてください。

会費制の場合

最近では、会費制で一律10,000円といったタイプの結婚式も見かけるようになってきました。

この場合は、祝儀袋の用意をせず、会場の受付にて現金で支払います。

祝儀袋は金額に合ったものを選ぶ

20,000円以内

20,000円以内の場合は、シンプルな紅白の御祝儀袋になります。

そこまで多く包んでいないのに、あまりに豪華な祝儀袋を選ぶと、不釣り合いでおかしいため注意しましょう。

30,000円クラス

30,000円クラスになると、少し飾り気のある祝儀袋になります。また、色付きの華やかな祝儀袋でもOKです。

50,000円以上

50,000円以上包む場合は、鶴の水引など格式高い祝儀袋を使います。

表書きの注意点

コンビニやスーパーで買う祝儀袋には、すでに表書きが書いてあるものも多いと思います。

もし何も書いてない場合は毛筆で、次のように書きます。

  • 寿
  • 御祝
  • 御結婚御祝

ただし、「祝御結婚」のような4文字は「死」を連想させるなどとして、なるべく使わないよう注意してください。

その下に、同じ毛筆でご自身の名前を書けば表書きは終わりです。

スポンサーリンク

お金は新札&表向き

祝儀袋に入れるお札は、新札を用意するのがマナーです。

これは「この日のために、事前からしっかりと準備をしておりました」という、気持ちの表れになります。

また、中袋にお札を入れるときは、絵柄を表むきにして入れるのがマナーです。

せっかく新札を用意しても、向きがバラバラだと丁寧さが伝わらないので、細部まで注意しましょう。

受付で渡す際のマナー

表書きやピン札などに注意しても、当日受け付けでただ渡してしまっては、せっかくの準備が台無しです。

そうならないためにも、受付で渡すときの2つのマナーを確認しておきましょう。

その①袱紗(ふくさ)に入れていく

1つ目は、袱紗(ふくさ)に入れてから持参することです。袱紗は、祝儀袋を包むための入れ物です。

袱紗に入れることで、祝儀袋が汚れるのを防ぎますし、丁寧な印象を与えられます。

色は何色かありますが、お祝いの席なので、白やピンクなど明るいカラーのものを選ぶといいです。

袱紗は、書店や文房具店で販売されています。

その②ひと言声をかける

何も言わずに祝儀袋を出されると、無愛想な印象を受けませんか?

なので、受付の方へ無言で渡すのではなく「この度はおめでとうございます」とひと言声をかけましょう。

このひと言で、グッと大人な印象を与えることができますよ。

まとめ

ここまでをまとめると、祝儀の金額は20,000〜100,000円で間柄によって変わり、祝儀袋も中身によって変えます。

また、表書きと名前は毛筆で書き、中に入れるお札は新作で表向きに入れてください。

あとは、袱紗に入れて、受け付けでひと言声かけをしながら渡せば完璧です。

-結婚