ビジネス

取引先へ謝罪するときの注意点・ビジネスマナー

取引先との仕事でミスをした場合、謝罪の仕方によっては今後一切の取引・付き合いがなくなるかもしれません。

それほど謝罪とは大切なものです。

ここでは、取引先へ謝罪するときの注意点・マナーをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

取引先へ謝罪するときの注意点・マナー

きちんと訪問する

まず大前提として、きちんと相手のところへ訪問に行き謝罪することです。

  • 会いたくない
  • 怒られたくない

こんなのは、自分のワガママでしかありません。

相手に会い、相手の目を見て、誠心誠意謝罪することが大切です。

間違っても、メールや電話などで済ませないように注意してください。おそらく許してもらえません。

まずは、相手の都合に合わせてアポイントを取り、会いに行きましょう。

上司と共に伺う

伺うときは、できるだけ上司と一緒に伺うのが理想です。

自身が高い役職にいれば別ですが、役職がないと、相手が失礼だと感じることがあります。

ある程度決定権があり、会社でも地位のある人物が向かうことで、相手に誠意が伝わるでしょう。

誠心誠意謝る

訪問したら、まずは誠心誠意謝ることが大切です。

誠心誠意というのは、

  • 頭を深くさげる
  • しっかり謝罪の言葉を言う

などなど、当たり前のことなのでできると思います。

しかし、ここで忘れてはいけないのが、謝ったからといってミスがなくなるわけではないとうことです。

そこで次の行動をとります。

きちんと対応策を提示する

相手は、決して謝ってほしいわけではありません。

本当に大切なのは、ミスの補填をどのようにして、相手の損害などをどうカバーするかです。

なので、今後の対応策を提示します。

  • 今回の件を無償にする
  • 契約金額の減額

などなど、この辺は上司などの判断になると思いますが、これが重要です。

対応策も何も持たずに行ってしまった場合、「コイツ、何しに来たんだ?」と火に油を注ぐことになるかもしれません。

今後の改善策を提示する

対応策を提示したら、今後の改善策も大切です。

今後2度と同じミスが起こらないように具体的な対策がとれるのなら、引き続き取引してくれるかもしれません。

逆に改善策がないと、また同じミスを繰り返すかもしれないと思われるでしょう。

スポンサーリンク

絶対に言い訳をしない

謝罪で絶対にやってはいけないことが、言い訳です。

ミスが起こった背景には、何かしらの原因があるでしょう。

もしかすると、

  • 仕事が忙しくて限界だった
  • 人員が少なくて手いっぱいだった

このような状況だったのかもしれません。

しかし、相手はこちらの内情など知りませんし、「それはそちらの都合でしょ?」と思われるだけです。

相手は実際に損害が出るわけなので、絶対に言い訳だけはしないようにしましょう。

表情を緩めない

話も終盤になると、相手から許しがもらえるかもしれませんが、ここでホッとして顔をゆるめるのはNGです。

やっているのは談話ではなく、謝罪です。

最後まで表情をゆるめず、申し訳ないという顔で最後までいることは、最低限のマナーと心得てください。

お茶を出されても飲まない

もしかするとお茶が出てくるかもしれませんが、これは飲んではいけません。

飲むことで「形だけの謝罪なんだな」と相手が感じてしまう可能性が高いです。

どれだけノドが乾いても、お茶には手をつけないようにしましょう。

手土産を持参する

最後に、謝罪訪問のときは手土産を持参するのが、一般的なマナーです。

手土産は5,000円程度のものが無難でしょう。

また渡すタイミングですが、一般的な訪問と違い、謝罪後に渡すのも謝罪のマナーです。

先に渡すと、「コレで許して」のようなニュアンスになることもあるので注意してください。

まとめ

取引先への謝罪は、相手のところへ直接訪ねて、謝罪・対応策・改善策を提示してください。

また、最後まで表情はゆるめず、手土産を持参することをお忘れ無く。

-ビジネス