社会人

節分の豆まきの正しい作法|恵方巻きは食べなければいけない?

節分に豆をまくのは知っていると思いますが、豆まきの正しい作法を知らない方は多いのではないでしょうか?

元は、平安時代に鬼を追い払う「追儺(ついな)」という行事から生まれたとされていて、いくつか守らなければいけないことがあります。

  • 使う豆の種類
  • 豆のまき方
  • 誰が豆をまくのか

などなど、節分の豆まきに関する作法をご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

豆まきの正しい作法

豆まきは夜に行う

豆まきは、鬼を追い払うために行います。

その追い払われる鬼は「夜に出る」といわれているので、豆まきは夜に行うのが正しい作法です。

使う豆は「炒り豆」

豆まきに使う豆は、必ず「炒り豆」でなくてはいけません。

豆まきは旧年の厄を払うために行われるので、「生の豆をまいて芽が出るのは良くない」とされています。

なので、必ず芽が出ない炒り豆を使うのがマナーです。

また、本来ならお祓いを行なった豆が理想なのですが、近年では市販の大豆を使う家庭がほとんどです。

豆をまくのは年男か家長

豆まきといえば、家族皆でワイワイやるイメージをお持ちかもしれませんが、年男か家長が行うのが正式なやり方です。

とはいえ、小さいお子さんなどは参加したがると思いますので、一緒にやっても問題はないでしょう。

スポンサーリンク

まずは「鬼は外」

最初は、家の玄関や窓から外に向かって「鬼は外〜」と言いながら豆をまきます。

鬼を追い払ってから、家の中に福を招きましょう。

次に「福は内」

鬼を外に追い出したら、次は部屋の中に向かって「福は内〜」といいながら豆をまきます。

外へ向かって「福は内〜」と言ってはいけないので注意してください。福がどこかへ行ってしまいます。

あとは、各部屋で同じように豆をまいていけば、豆まき完了です。

歳の数だけ豆を食べる

豆まきが終わったら、自分の歳の数だけ豆を食べます。

歳の数の豆を食べれば、体が丈夫になり、風邪をひかなくなるといわれているので、健康祈願のためにもぜひ食べてみてください。

恵方巻きは食べないといけない?

恵方巻きは食べなくてもかまいません。

「節分に恵方巻きを食べる」という習慣は、もともと大阪の方で行われていたもので、全国区ではありませんでした。

それが、大手コンビニチェーンなどのキャンペーンにより広まりました。とのため、比較的最近の風習になります。

もちろん食べても良いので、ご自身で判断していいでしょう。

まとめ

豆まきの正しい作法は次のとおりです。

  • 豆まきは夜行う
  • 炒り豆を使う
  • 年男か家長が豆をまく
  • 鬼は外 → 福は内の順番で
  • 歳の数だけ豆を食べる

恵方巻きを食べるのは、最近全国区になった作法なので、別に食べなくても問題はありません。

-社会人