お祝い

成人祝いを贈る側のマナー|お祝い金の相場や渡すタイミングは?

成人祝いもらったはずだけど、いざ贈る側になると何をもらったかよく覚えてない。。。

そんな方のために、ここでは成人祝いを贈る側のマナーをご紹介しています。お祝い金相場や渡すタイミングなど、知っておきたい基礎知識なので参考にしてください。

スポンサーリンク

成人祝いはどの範囲まで渡すべき?

まず悩むのが、どの範囲の続柄まで渡すべきなのかではないでしょうか?

実は、成人祝いに明確な範囲はありません。

たとえ親族でも渡さない場合もありますし、友人の子どもに渡す場合もあります。つまり、付き合いの度合いによって決めていいんです。

  • 年に1回以上会う親族の子ども
  • 家族ぐるみの付き合いをしている友人の子ども
  • 自分のときにお祝いをもらった親族の子ども
  • 自分のときにお祝いをもらった知人の子ども

など、付き合いがある程度ある場合は、渡してもいいんじゃないでしょうか。

成人のお祝い金相場

お祝い金の相場は、次のとおりです。

  • 兄弟:10,000〜30,000円
  • 姪・甥:10,000〜30,000円
  • その他の親族:5,000〜20,000円
  • 友人・知人:5,000〜10,000円

血縁が遠ければ少なく、近ければ高額になる点は、他の祝儀などと同じです。

上記はあくまでも目安なので、予算に合わせた金額を包みましょう。

祝儀袋は紅白&蝶結び

祝儀袋は、水引が「紅白&蝶結び」のタイプを選びんでください。

表書きは、次のように書くのがマナーです。

  • 御祝
  • 祝成人
  • 成人祝

スポンサーリンク

お金じゃなくプレゼントでもOK

お金をあげるのは気がひける、もしくは何か記念に残るものをあげたい場合は、プレゼントを渡しても大丈夫です。

大人の仲間入りを果たすので、ブランド物を渡す方が多いです。

  • 腕時計
  • バッグ
  • 高級グラス
  • お酒

バカラなどの高級グラスや、少し高いお酒など、成人したからこそ楽しめるものは人気があります。

もちろん、相手の欲しがっているものがわかれば、それをプレゼントしてあげてもかまいません。

物ではなく思い出をプレゼントしたければ、高価なディナーへ招待するのもおしゃれです。

成人祝いはいつ渡す?

成人祝いは、20歳になる日ではなく、成人の日から1週間前までの間に渡すのが一般的です。

成人の日が1月の第2月曜なので、お正月が過ぎたくらいから渡しましょう。

ワンポイントアドバイスとしては、お年玉と合わせて年末のうちに新札を用意しておくとラクです。

基本的にお返しはない

出産祝い、引越し祝い、結婚祝いなどは、何かしらのお返しをもらってきたはずです。

しかし、成人祝いに関してはお返しがありません。

理由は、「子どもの成長を願うもの」に関しては、お返しをしなくてもいいとされているからです。

なので、成人祝いのお返しがなくても、非常識だと勘違いしなように注意してください。

中にはお返しをする方もいますが、その場合はありがたく受け取りましょう。

まとめ

成人祝いは、付き合いの深さによって渡すかどうかを決めます。

また、渡す場合は付き合いに合わせて5,000〜30,000円の範囲で、お祝い金を包むのが一般的です。

お金じゃなくプレゼントでもいいので、様々な形で祝ってあげましょう。

-お祝い