食事

パスタの食べ方に関するマナー|フォークの使い方やダメな行為など

2017/10/14

おしゃれな食べ物の定番「パスタ」には、色々と食べ方にマナーがあります。これを知らないと、せっかくのデートや食事会で恥ずかしい思いをすることも!

ここでは、パスタの食べ方に関するマナーをご紹介しているので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

使うのは基本フォークだけ

まずパスタの基本的な食べ方ですが、使うのはフォークだけです。

日本だと、スプーンにパスタを乗せながら、フォークでくるくる巻く人を見かけますよね?

一見すると上品に見えるかもしれませんが、本場イタリアではお子様が食べるときの食べ方とされています。

海外ではもちろん、国内でもおかしな目で見られることがあるので、今までやっていた方は注意しましょう。

パスタ毎の正しい食べ方

ロングパスタ

ロングパスタというのは、ラーメンやうどん等と同じ長い麺状のパスタのことです。

このロングパスタは、フォークに1度巻きつけてから食べます。

ショートパスタ

ショートパスタというのは、ロングの逆で短いパスタのことを指します。

これらのパスタは、フォークですくってから食べるのがマナーです。ついつい刺してしまいそうですが、刺すのはマナー違反とされています。

ただし、どうしてもすくえない場合に限っては、フォークで刺して食べましょう。

ちなみに、上の画像に載っているパスタの名前は次のとおりです。

  • ①ファルファッレ
  • ②コンキリエ
  • ③カヴァタッピ
  • ④フジッリ

スープパスタ

スープパスタに関しては、フォークとスプーンを使って食べていいとされています。

というよりも、スープパスタは日本独自の料理なので、本場のマナーがありません。

なので、スプーンを使って美味しいスープと一緒にいただきましょう。

端から食べていく

これは洋食、和食どちらでもいえるマナーなのですが、食べるときは端からいただきます。

理由は、単純に真ん中から食べると美しく見えないからです。

それと、端からパスタを巻くことで、1度に多く取りすぎないようになるので、食べやすくもなります。

スポンサーリンク

1度に取るのは少量

パスタに慣れていないと、1度にたくさんの量を巻き取ってしまいがちですが、マナー違反になるので注意してください。

なぜマナー違反かというと、口の中がいっぱいになり、すぐにしゃべることができなくなるからです。

洋食では、会話がしやすいよう1度に口に入れる料理の量は「ひと口サイズ」が良しとされています。

それに、何となくですが少量ずつ食べている方が、どこかスマートに見えませんか?

麺をすすらず食べる

日本の麺料理との最も大きな違いは、「麺をすすってはいけない」ところです。

日本では、麺やダシの香りを楽しむためにすすって食べますが、洋食では「ズズズ」という音が下品なのでマナー違反になります。

洋食のマナーが染み付いている方からすると、食事中にゲップやオナラをされるようなものなので、十分注意してください。

また、同じように鼻をすするのもNGです。鼻をかむことは良しとされているので、鼻水が出そうなときはすぐにかみましょう。

エビや貝は手を使って食べる

「ボンゴレビアンコ」や「車海老のパスタ」のようなタイプは、具材の食べ方に戸惑ってしまいませんか?

これらは、手を使って食べて問題ありません。

貝なら左手で押さえながら、フォークで身を食べます。エビはナイフを使って剥いてもOKです。

汚れた手は、ナプキンを使ってふきましょう。

食べづらいカニは?

カニも食べてかまいませんが、綺麗に食べるのは難しいと思います。

甲羅の中は食べやすいですけれど、爪や脚は硬いうえに身が少ないですし、頑張って食べると汚くなることも。

食事をスマートに済ませたいなら、ダシだと割り切って麺だけを食べるのもありです。

まとめ

パスタを食べるときは、基本フォークだけを使い、ズルズルと音を立てずに食べるのがマナーです。

また、パスタの種類によって若干食べ方が違うので、それぞれに合った食べ方をしてくださいね。

-食事