お祝い 社会人

お見舞いのマナーとは?お見舞金の金額やお見舞い品の選び方

2017/10/14

友人・知人が入院したとき、お見舞いにどんなものを贈ればいいのか、どんな服装だといいのかなど悩むと思います。

ここでは、お見舞いのマナーについてご紹介しているので、お見舞いの際の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

お見舞い品に選ぶといいもの

お見舞いに選ぶといい品は、

  • 果物(少量)
  • 焼き菓子
  • タオルセット

など、食べ物や病院でよく使うタオルなどが喜ばれます。

また、相手の好きな漫画、小説、雑誌など、読み物の差し入れも暇つぶしになるのでおすすめです。

ゲーム好きな方にはゲーム、映画好きな方にはDVDなど、相手の好みに合わせたものを選べるとベターです。

NGなお見舞い品

  • 生物・生菓子
  • 鉢植えの花・植物
  • 香りの強い花

これらは、お見舞い品に選ばないように注意してください。

生物などの賞味期限が短いものは、管理に困るのであまり喜ばれません。また、鉢植えは「根付く」ということで、入院が長引くことを連想させるため避けます。

香りの強い花(ユリなど)も、相手や同じ病室の方へ迷惑になるためやめましょう。

お見舞金の相場は3,000〜10,000円

お見舞金の金額は3,000〜10,000円が相場で、相手との間柄によって変わります。

  • 友人・知人:3,000〜5,000円
  • 家族・親族:5,000〜10,000円

お見舞金を包む際は、4,000円や9,000円など「死」や「苦」を想像する数字は避けるのがマナーです。

また、目上の方へのお見舞金は失礼なので、お金ではなくお見舞い品を持参するように注意してくださいね。

お見舞金の袋の種類

お見舞金の祝儀袋は、「紅白・結び切り(上記画像)」を選びます。

結び切りには、「二度とこのような不幸が訪れないように、これっきり」という意味があるのでお見舞い向きなのです。

お見舞金の包み方

お見舞金は、ピン札ではなく使用感のあるお札を用意し、肖像画を表にして中袋に入れます。

もしピン札しかない場合は、1度折り目をつけてから入れてください。

表書きは、水引より上に「御見舞」と書き、水引より下に自分の名前を書き入れればOKです。

スポンサーリンク

お見舞いの時間帯

意外と悩んでしまうのが、お見舞いの時間帯かと思います。

まずは、病院が設けている面会時間の確認をしてください。その上で、行くタイミングを決めます。

無難なのは14時から16時の間に訪問することです。

午前中は検査などを行うことが多く、お昼は昼食があるので避けた方がいいでしょう。

また、相手の疲れが見えはじめる夕方も避けるのが好ましいです。

お見舞いの服装

お見舞いの服装は「清楚な服装」ならば間違いありません。

  • 男性:チノパン、シャツ、ジャケット
  • 女性:ワンピース、カーディガン

このような清楚系の服を選び、カラーはパステル系の明るい色をチョイスできると言うことありません。

逆に、真っ黒な服装は喪服を連想させますし、赤は血を連想させるので選ばないようにしてください。

病室でのマナー

病室では、次の3つのマナーに気をつけます。

  • 大声で喋らない
  • 病状の話は控える
  • 長居しない(15〜20分を目安)

病院なので基本は静かにし、同じ病室の方にも気を使うのが基本です。

また、病状の話は相手を焦らせたり、ストレスを与えたりすることもあるので深く聞かないよう気を効かせてくださいね。

相手も疲れるので、面会時間は15〜20分を目安に切り上げるのが理想です。

まとめ

お見舞いでは、

  • お見舞品:日持ちする食べ物、タオル、相手の好きなもの
  • お見舞金:3,000〜10,000円
  • 祝儀袋:紅白の結び切り

などが、持参するもののマナーです。

他にも、服装や病室でのマナーに気をつけて、気持ちのよいお見舞いをしてくださいね。

-お祝い, 社会人