葬儀

お墓参りにもマナーがある!お供え物や花の選び方など

2017/10/14

お墓参りは、線香を焚いて手をあわせるだけではありません。その他にもいくつかマナーがあります。

これを知らないと、親族の方やお墓の管理者にとても失礼になることも。

ここでは、お墓参りのマナーについてご紹介しているので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

お墓参りにダメな日はある?

お墓参りは、基本的にいつ行ってもかまいません。

行っていい日、ダメな日などの決まりは特にないため、思い出したり夢枕に立ったりしたなどの理由で行くのもありです。

また、1年間のうち、

  • お盆
  • 春のお彼岸
  • 秋のお彼岸

この3つのタイミングでお墓参りに行かれる方が多いです。

服装は何でもOK

お通夜や葬儀と違い、お墓参りは私服で行っても失礼になりません。もちろん喪服でも大丈夫です。

これからご紹介しますが、お墓参りでは掃除をします。

なので、できれば汚れてもいいような服装(ジーンズにTシャツなど)の方が、良いかと思います。

お墓でやること

①まずは掃除

お墓参りについたらまずやることが、お参りするお墓の掃除です。

墓石は水をかけながらスポンジや雑巾で洗い、墓石周りの雑草やゴミは拾って捨てましょう。

そのため、次のアイテムを持参することをおすすめします。

  • 水桶
  • スポンジ・雑巾
  • ゴミ袋

水桶は置いてある場合もありますが、スポンジや雑巾などはないことが多いので、注意してください。

②お供えものを供える

掃除が終わったら、食べ物や花をお供えします。

このときお供えするものは、故人が好きだった食べ物や飲み物で大丈夫です。

何を選べばいいかは、後ほど詳しくご説明します。

③お参りをする

掃除とお供えものを備えたら、いよいよお参りをします。

手順は次のとおりです。

  • ロウソクに火をつける
  • お線香を束のまま焚く
  • 墓石よりも低くなるようにしゃがむ
  • 手をあわせる

手のあわせ方は宗教によって違いがありますが、よくわからない場合は静かに手をあわせるだけでかまいません。

ライターを忘れる方が多いので、普段タバコを吸わない方は忘れないようにしましょう。

④片付けをする

お墓参りが終わったら、花と線香以外は全て持ち帰るのがマナーです。

食べ物などは野生動物に荒らさたり、腐ってお墓が汚れるため、絶対置いたままにしないでください。

スポンサーリンク

お供えものやお花は何を選べばいい?

お供えものに関しては、先ほども少し触れたように「故人の好きだった食べ物」を供えましょう。

お菓子、ジュース、お酒などが一般的です。

また、お花に関しては毒のある彼岸花やトゲのあるバラは、避けるのがマナーとされています。

それ以外は何を選んでもOKです。

お花屋さんで「お墓参り用のお花を」とお願いすれば、まず間違うことはないと思います。

お寺の中にある場合は?

お墓がお寺の中にある場合は、まず住職さんへ挨拶をするのが先です。

この際、お寺へのお布施は渡さなくてかまいません。供養代は管理者が払っていますし、お経をあげてもらうわけでもありませんから。

住職さんへの挨拶が済んだら、そのお寺のご本尊にお参りをしてください。

その後、故人のお墓へお参りをする流れになります。

まとめ

お墓参りは、掃除、お供え、お参りの順に行うのがマナーです。

お供え物には細かな決まりはなく、花は毒とトゲのあるものを避ければ、何を選んでもかまいません。

お寺の中にある場合だけ、住職さんへの挨拶とご本尊へのお参りがプラスされます。

-葬儀