お祝い

入園・入学祝いの相場やプレゼントの選び方|進学するかわからない場合は?

  • 入園・入学祝いの相場を知りたい
  • プレゼントは何を渡せばいいのかわからない

そんな方のために、ここでは入園・入学祝いの相場やプレゼントの選び方をご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

入園・入学祝いの相場は?

入園・入学祝いの相場は、それぞれ次のようになっています。

  • 入園祝い:5,000円
  • 小学校入学:5,000〜10,000円
  • 中学・高校入学:10,000〜20,000円
  • 大学入学:10,000〜30,000円

子どもの成長に合わせて金額が大きくなっていくのが一般的です。

特徴は、お祝い返しが不要なのでそこまで高くないことです。相手が気を使わない程度に抑えるのがポイントになります。

中高一貫の場合は?

中高一貫の場合はエスカレーター方式で上がっていくため、中学の入学祝いを渡していれば、高校の入学祝いは不要とされています。

ただし、何かお祝いを渡したい場合は「合格祝い」として渡してもいいでしょう。これ関しては自己判断でどうぞ。

プレゼントを渡しても良い

お祝い金の代わりに、プレゼントを渡しても良いとされています。

幼稚園、小学校、高校で変わりますので、参考として一般的なプレゼントをご紹介します。

幼稚園

入園の場合は、幼稚園生活で活用できるものを贈ります。

  • リュックサック
  • クレヨン
  • 絵本
  • 雨具
  • 水筒

などが一般的です。

幼稚園で指定されている場合もあるので、相手の希望を聞いてから選ぶといいでしょう。

小学校

ランドセルなどは、祖父母がプレゼントすることが多いので、通学や勉強で使えるものが好まれます。

  • 文具セット
  • 鉛筆削り
  • 小物を入れるバッグ

などの実用品を選びましょう。

中学・高校・大学

中学生以上になると、好きなものがハッキリしているので、欲しいものを渡すのが一般的です。

特に本人の希望がない場合は、

  • 図書券
  • 商品券

のように、ある程度自由に使える金券類がおすすめです。

スポンサーリンク

どの程度の付き合いまで送る?

これらのお祝いは、基本的には身内が贈るものとされています。

しかし、身内当然のような深い付き合いをしているところには、渡してもかまいません。

もちろん逆で、全く付き合いのない親族にはわざわざ贈らなくてもいいでしょう。

基本は付き合いのある身内で、それ以外は付き合いの度合いによって決めてください。

合格したかどうかがわからない場合

中には、合格したかどうかわからない場合もあると思います。

進学するのか浪人するのか、相手が嫌がるかもしれないデリケートな部分なので、聞くに聞けません。

そんなときは「卒業祝い」として渡すといいでしょう。

これなら受験に失敗していた場合でも大丈夫ですし、相手に探りを入れる必要もありません。

金額は入園・入学祝いと同じで大丈夫です。

まとめ

入園・入学祝いの相場は、次のとおりです。

  • 入園祝い:5,000円
  • 小学校入学:5,000〜10,000円
  • 中学・高校入学:10,000〜20,000円
  • 大学入学:10,000〜30,000円

また、お祝い金の代わりにプレゼントを渡してもいいでしょう。受験の合否がわからないときは「卒業祝い」として渡せば大丈夫です。

-お祝い