食事

嫌われる鍋のNGマナー7つ|直箸・汁戻し・取り分け方など

鍋の醍醐味といえば、皆でワイワイ楽しく食べることです。しかし、皆で食べる料理だけに、気をつけなければいけないマナーもいくつかあります。

ここでは、嫌われる鍋のNGマナーをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

嫌われる鍋のNGマナー7つ

直箸で取る

鍋の料理を、自分の箸で直接取るのはやめましょう。

箸は1度自分の口に入れたものなので、それが鍋に入ることを気にする方は多いです。

もちろん気心知れた仲だとしても「親しき仲にも礼儀あり」。1度確認してからにしましょう。

また、お箸の逆を使う“逆さ箸”も、自分の手で直接触っているので好ましくありません。

鍋の料理を取るときは、必ず取り分け用の箸かお玉を使うのが基本です。

鍋をかき回す

鍋の中に隠れた具材を探そうとして、鍋をかき回すのも嫌われやすいマナーの1つです。

あまり綺麗な行為ではありませんし、豆腐などの具材が崩れることもあります。

食べたい食材があったとしても、無理に探そうとせず「次見つけたらラッキー」くらいの心構えでいることが大切です。

器の汁を戻す

何回かお代わりすると、器が汁でいっぱいになることがあります。

しかし、その汁を鍋に戻すのはやめましょう。例えもったいないと思ったとしてもです。

直箸と同じで、気にする人は気にします。

汁と同じで、1度器に入れた食材を鍋に戻すのも良くありません。1度器に入れたものは責任を持って食べるのがマナーです。

取り分けない

鍋は大人数で食べることが多いため、ときには鍋から遠い席の人も出てきます。それなのに、誰も取り分けてあげようとしないと、その人は良い気分はしませんよね?

どれだけ食べたくても、周りを気遣える余裕を忘れてはいけません。

スポンサーリンク

何も聞かずに取り分ける

取り分けてあげることは良いことだと思いますし、とても気のきく優しい方だとも思います。

そこで、相手の嫌いなものまで聞けると文句なしです。

器に入れたものは戻せないので、嫌いなものを入れられるとツライ人もいるでしょう。

取り分けてあげる優しい心の持ち主の方は、そこまで聞いてあげられると素敵です。

好き勝手に取る

鍋の具材は限られているので、好物ばかり食べる人は無神経だと思われます。

皆に平等に食材が行き渡るよう、数の少ないものをある程度把握して、上手に食べるのがマナーです。

あまりに食い意地が張っていると、次から呼ばれなくなるかもしれません。

食材を適当に入れる

鍋には正しい作り方があるので、それを無視したやり方は好まれません。美味しいものを食べたい気持ちは皆同じですからね。

次のように、火の通りにくいものから順に入れていくのが、正しい鍋の作り方です。

  1. 鶏肉・魚・ミンチ
  2. 白菜・大根など
  3. きのこ類・豆腐
  4. 葉物野菜
  5. 牛肉・豚肉

この手順を忘れてしまった場合、「鍋の作り方わかる人〜?」と聞いてわかる人に任せてしまうのも手です。

お箸を正しく使えていますか?

鍋のNGマナーもそうですが、鍋を食べるときの箸づかいは大丈夫ですか?

箸にも10以上のNGマナーがあるため、使い方によっては周囲を不快な気持ちにさせることも。

ちょっとでも不安な方は、こちらの記事で1度チェックしてみてください。

>>お箸の正しいマナー|知らないと恥ずかしいNGマナーもチェック

まとめ

鍋のNGマナーは次の7つです。

  • 直箸で取る
  • 鍋をかき回す
  • 汁を戻す
  • 取り分けない
  • 何も聞かずに取り分ける
  • 好き勝手に取る
  • 食材を適当に入れる

これらに気をつけて、楽しく鍋を食べましょう。

-食事