ビジネス

名刺交換の正しいマナー|やってはいけないNGマナーも

2017/10/14

相手に自分を知ってもらう、また良い印象を持ってもらうためには、名刺交換の正しいマナーは必ず必要です。

細かい決まりがあるので、知らないと失礼にあたることもあります。

ここでは、名刺交換の正しいマナーをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

名刺交換はどちらが先?

名刺交換は、先に渡す側が決まっています。

主に3パターンあり、次のようになっています。

  • 目下の者から
  • 訪問先では訪問した側から
  • 紹介の場合は、紹介される側から

基本は目下の者からですが、シーンによって変わります。

目上の方が先に出してきたら?

相手が目上の方なのに、先に名刺を出されることもあるかもしれません。

そんなときは、相手を待たせないよう先に受け取り、急いで自分の名刺を渡しましょう。

受け取る際は「ありがとうございます。お先にいただきます。」とひと言添えるのをお忘れなく。

名刺の正しい出し方

①名刺入れから出しておく

急な場合を除き、担当者、相手の方が来る前に名刺を名刺入れから出しておくのがマナーです。

しっかりと準備していたことをアピールしましょう。

②両手で持ち相手の方に向ける

名刺を渡すときは右手でしっかり持ち、左手を軽く添えます。

また、名刺の向きは相手が読みやすいように向けて渡すのが基本です。

③胸の高さで渡す

最後に、名刺を胸の高さまで上げて、相手に差し出します。

「はじめまして。○○社の△△です。よろしくお願い致します。」と挨拶を添えれば完了です。

スポンサーリンク

名刺の正しい受け取り方

①両手で受け取る

名刺を受け取るときは、卒業証書と同じように、右手で受けて左手を添えるように受け取ります。

失礼にならないよう、必ず両手で受け取ってください。

②名前を確認する

受け取ったら名前を確認するのがマナーです。名刺に目もくれないのは失礼なので要注意!

もし読み方がわからなければ、その場で尋ねましょう。

③机の上に並べる

名刺を受け取った後は、机の上、自分の右側に名刺を並べます。

相手が複数人いる場合は、相手の席順にして並べるのが正しい置き方です。

名刺をしまうのは、その場の打ち合わせなどが終了してからにしてください。

名刺交換でやってはいけないこと

名前の部分に指を乗せる

名刺交換の際に、相手の名前もしくは社名の部分に指を乗せてはいけません。

名刺の両端を持つようにし、必ず相手の名前、社名が確認できるように受け取ります。

また、受け取った名刺を胸の位置より下に下げるのも失礼にあたるので、丁寧に扱うよう意識しましょう。

よく見ずにしまう

急いでいたり、早く本題の話に進みたいからといって、名刺をすぐにしまうのは失礼です。

必ず相手の名前をよく確認し、しっかりと見ることが相手への礼儀です。

まとめ

名刺交換は、目下の者、訪問者、紹介された側から出すのがマナーです。

また、正しい出し方、受け取り方を間違えないようにし、スマートな名刺交換をこころがけましょう。

-ビジネス