ビジネス

上司・先輩からの誘いを断るときのマナー

「上司から食事に誘われたけど、行きたくない。でも嫌われるのは嫌だ。。。」

こんなとき、マナーある断り方をすれば、相手を不快にさせずにすみます。

ここでは、上司・先輩からの誘いを断るときのマナーをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

誘いを断るときのマナー

嘘をつかない

断るときの最低限なマナーとして、嘘だけはつかないようにしましょう。

「バレなければ大丈夫」と思うかもしれませんが、嘘はいつバレるかわかりません。

誘いを断り他の人と遊んでるところを、誘ってくれた人や、その人の周囲の人が偶然見かけることもあります。

そのように嘘がバレると、高確率で嫌われるでしょう。

かといって、理由を詳細に伝える必要もありません。

  • その日は外せない用がございまして
  • 家族との用がございまして
  • 本日は体調が優れないのでご遠慮させていただきます

などなど、何となくわかる程度の理由で大丈夫です。

早めに断る

友達との約束をドタキャンされたら、いい気分はしませんよね?

上司や先輩からの誘いも同じで、無理なら無理とできるだけ早く教えてほしいものです。

誘われた当日、遅くても翌日には返事をした方がいいでしょう。

ニュアンスは「残念」

誘われるのが迷惑と思っていても、断るときのニュアンスは「本当は行きたいのに」と残念がるのがマナーです。

相手を嫌な気持ちにさせないうえに、断る側の印象も悪くなりづらいです。

「あ、その日行けません」のように、あたかも誘われるのが当然といった態度は、良く思われません。

誘われる回数は減るかもしれませんが、評判は悪くなるでしょう。

「行けたら行きます」はNG

その場しのぎにはなるものの、ハッキリしてないことで相手に迷惑をかけます。

もしその場で答えづらいなら、

申し訳ごさいません。スケジュールを確認してから、回答させていただいてもよろしいでしょうか?

と伝えてみてください。相手も待ってくれるはずです。

連絡はメール?電話?

直接面と向かって、もしくは電話で言われたのなら、同じように直接会うか電話で伝えます。

メールで誘われた場合は、メール・電話・直接のどれでもかまいません。

ただし、急用で当日断る場合は、直接か電話で伝える方が丁寧です。

スポンサーリンク

断るときの例文

先ほどのポイントを押さえたうえで、断るときの例文をご紹介したいと思います。

口頭で断る場合

○○さん、お疲れ様です。○○です。

先日はお誘いいただきありがとうございます。

スケジュールを確認したところ、残念ながらその日はどうしても外せない用事がございまして。。。

せっかくのお誘いなのに、申し訳ございません。

次の機会はぜひ参加させていただきますので、よろしくお願いします!

メールで断る場合

○○ 様

お疲れ様です。○○部の○○です。

先日は食事へお誘いいただきありがとうございます。

誠に残念なのですが、すでに別の予定が入っておりましたので、今回は不本意ながらご遠慮させていただきます。

せっかくお誘いいただいたのに申し訳ございません。

次回はぜひ参加させていただきますので、宜しくお願い致します。

連続して断る場合

○○ 様

お疲れ様です。○○部の○○です。

いつもお誘いいただきありがとうございます。

○日の予定を確認致しましたところ、どうしても外せない用事がございましたので、ご遠慮させていただきます。

前回に引き続きお断りすることとなり、大変心苦しい限りではございますが、どうぞご容赦ください。

次こそは参加させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

優先したい予定が入った場合は?

  • 久しぶりに友達から連絡がきた
  • 気になる異性から誘いがきた

こんなとき、職場の誘いを断ってでも、優先したくなる気持ちはわかります。

しかし、ビジネスマナー以前に人として、先約を守ることが大切です。

急な予定で許されるのは、親族の危篤、葬儀などに限ります。

もしそれ以外のことで先約を断るようであれば、二度誘われないどころか、評価もガタ落ちになるので注意してください。

数回に1回は付き合うとベター

いくら理由をつけて断ったとしても、数回続くうちに「あれ?嫌われてるのかな。。。」と思います。

なので、できれば3回に1回くらいは付き合うのがベターです。

また、本当にどうしようもない理由で続けて断ったなら、次は自分から誘ってみてください。

相手は安心するでしょうし、嬉しいはずです。

  • 人から嫌われてたくない方
  • 仕事を円滑に進めたい方

は、付き合いも仕事のうちと割り切って考えてみてはいかがですか?

まとめ

上司・先輩の誘いを断るときは、嘘をつかず早めに返事をしましょう。

また、「行けたら行きます」と濁さないようにして、残念がりながら伝えてください。

数回に1回は付き合うと、良好な関係を保てるはずです。

-ビジネス