葬儀

御香典のマナーがすぐわかる!金額や香典袋の種類など

2017/10/14

お通夜・葬儀での香典マナーを、金額、香典袋の種類、表書き、名前の書き方、の順にまとめているので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

御香典の金額

香典の金額は、亡くなられた方との関係で大きく変わってきます。

目安としては、親族の場合が最も高く、友人や会社関係の場合が同じくらいです。それぞれの相場は次のとおりです。

親族:10,000〜100,000円

  • 両親:30,000〜100,000円
  • 兄弟:30,000〜100,000円
  • 義父母:30,000〜50,000円
  • 義兄弟:30,000〜50,000円
  • 祖父母:10,000〜50,000円
  • 叔父母:10,000〜30,000円
  • その他の親族:3,000〜30,000円

金額に幅があるのは、年齢や付き合いの度合いによって変わるからです。

例えば、あなたの年齢が20代の場合は最も低い額でもかまいませんが、30代だと中間の金額、40代以降になると最も高い金額を包むのが一般的です。

また、疎遠の場合も低い金額で包む方が多いようです。

友人・知人:3,000〜10,000円

友人、知人の場合は、3,000〜10,000円が一般的です。

仲の良い御友人がお亡くなりになられたのなら、5,000〜10,000円が多いですが、ご近所さんなど知人程度の付き合いなら、3,000〜10,000円の間でもかまいません。

明確な基準はないので、目安程度として参考にしてくださいね。

会社関係:3,000〜10,000円

  • 上司:5,000〜10,000円
  • 同僚・部下:5,000〜10,000円
  • 上司の家族:3,000〜10,000円
  • 同僚・部下の家族:3,000〜10,000円

会社関係の場合は、上司、同僚、部下は同じ額です。また、上司や同僚の家族になると、その半額程度が目安になります。

会社の組合規定などで金額が定められている場合は、そちらに従ってください。

ピン札はNG

香典マナーとして、ピン札を包むのはNGとされています。理由は、前もって用意していたと捉えられる場合があるからです。

どうしても手元にピン札しかない場合は、包む前に折りたたんで折り目をつけてから入れるといいですよ。

また、包む金額は4,000円や9,000円といった、死・苦を連想させる数字を避けるのもマナーです。

香典袋の種類

香典袋の種類は、相手の宗教に合わせるのがマナーです。

仏教の場合は、上の画像のような水引(白と黒の飾り)が「結び切り」の形になっているものを選びます。

これは、「不幸なことがこれっきりになるように」という意味が込められています。

キリスト教の場合は、上の画像のような十字の描いてある香典袋です。

とはいえ、訃報は突然くるものですし、相手方の宗教を知らない場合が多いと思います。

そんなときは、白の袋で、白黒もしくは銀の水引き(結び切り)のもを選ぶのが無難です。

スポンサーリンク

香典袋の表書き

故人の宗教がわからない場合は、「御霊前」と書くと、仏教、神道、キリスト教に対応しているので間違いありません。

ただし、故人の宗教がわかっている場合は、

  • 仏教:御霊前、御香料
  • 神道:玉串料、御神前
  • キリスト教:御花料

など、それぞれの宗教に合わせて表書きを変えるとベターです。

書くときの色は薄墨(グレー)

香典袋の表書きや名前は、薄墨とよばれるグレーで書くのがマナーです。

元は「涙でにじんだ」や「突然なので墨をする時間がなかった」という意味がありましたが、まぁ形式的なものとして覚えておくと良いと思います。

香典袋の名前の書き方

個人の場合は、そのまま真ん中に書けばいいですが、連名や会社、グループで包む場合は少し違うので注意してください。

連名の場合

連盟の場合は次のように書きます。

  • 2名:中央に1名、その左側に1名
  • 3名:中央に1名、その左側に2名書く
  • 3名以上:中央に1名、その左下に他●名と書く

この際、お金を入れる中袋の中に、それぞれの名前・住所・金額を記入した紙を入れます。

会社の場合

会社の場合は、会社名義なのか部署なのかで異なります。

  • 会社名義:中央に代表取締役の名前、右側に会社名
  • 部署など:中央に「○○部一同」、右側に会社名

仲の良い部活仲間などでまとめて包む場合も、○○部一同といった書き方で大丈夫ですよ。

まとめ

香典の金額の目安は次のとおりです。

  • 親族:10,000〜100,000円
  • 友人・知人:3,000〜10,000円
  • 会社関係:3,000〜10,000円

また、香典袋は白黒、もしくは銀の結び切りを選び、表書きは「御霊前」と書くとどの宗教にも対応しているので無難です。

あわせて読みたい葬儀関連記事

>>お通夜の服装に関するマナー

>>葬儀で失礼にならないための服装マナー

-葬儀