食事

紅茶の正しい入れ方5ステップ|ティーバッグの場合も

美味しい紅茶を楽しむためにも、正しい入れ方を知っておくのは最低限のマナーです。紅茶は入れ方1つで味がガラッと変ります。

ここでは、紅茶の正しい入れ方を順序に沿ってご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

紅茶の正しい入れ方5ステップ

①お湯をちょうど良い温度に沸かす

まずはお湯を適温に沸かします。

紅茶を入れるときのお湯は、ぬるすぎてもダメですし、沸騰させすぎても良くありません。

茶葉の味を最大限に引き出すなら、沸騰直後である約100度が適温です。

また、保温ポットのような時間のたったお湯は適してないので、必ず組み立ての水を使ってください。

空気の量が違うので、茶葉の香りが全然変わってきます。

②ポットとカップを温めておく

茶葉にお湯を注ぐ前に、ティーポットとカップの両方にお湯を注いで、温めておいてください。

理由は、最適な温度で紅茶を味わうためです。

ポットやカップが冷たいと、紅茶が冷えて少し味が変わってしまうため良くありません。

③茶葉を人数分入れる

お湯を沸かし、ポットも温めたら、人数分の茶葉をティーポットに入れます。

茶葉の量は、1人前1ティースプーンが目安です。

④高い場所から勢い良く注ぐ

いよいよティーポットにお湯を注ぐわけですが、ここでも大事なポイントがあります。

それは、なるべく高い位置から注ぐということ。

高い位置から注ぐことで、ティーポットの中に対流が起きやすくなり、茶葉の味がしっかり出せるようになります。

⑤適度に蒸らせば完成

あとは、適度に蒸らせば完成です。

蒸らす時間に関しては、茶葉の種類によって若干違います。

  • 細かい茶葉:約2分
  • 普通・大きい茶葉:約3分

あとは、ティーポットの中をスプーンでひと混ぜして味を均一にしたら、ティーカップに入れて楽しみましょう。

スポンサーリンク

ティーバッグの場合は?

①お湯が先

ティーバッグの場合も、ティーポットを使うことで美味しくいただけます。

茶葉とは違い、先にお湯を入れて、その後にティーバッグを入れるのがポイントです。

②フタをして蒸らす

あとは、ティーポットにフタをして蒸らせば、香り高い紅茶の完成です。

ティーバッグを取り出すときに、スプーンで絞ったり入れたままかき混ぜると、渋みが出るので注意してください。

ミルクを入れて飲んでもいい?

紅茶にミルクを入れるのはOKです。

ただし、ミルクは紅茶のうまみを感じにくくさせるので、少し濃いめに紅茶を出すのがポイント。

蒸らし時間を1、2分長くして、紅茶の色が少し濃くなるまで待ってください。

まとめ

紅茶の正しい入れ方は、次のとおりです。

  1. 沸騰直後のお湯を用意する
  2. ティーポットとカップを温めておく
  3. 茶葉を人数分入れる
  4. 高い位置から注ぐ
  5. 適度に蒸らす

紅茶と相性のいいアフタヌーンティーにも、正しい食べ方があるのをご存知ですか?知らない方はこちらもどうぞ。

>>アフタヌーンティーの正しい食べ方|食べる順番やドリンクの飲み方など

-食事