社会人 葬儀

家族が危篤になったときの連絡マナー|例文あり

家族が危篤になったとき、最後にひと目会ってほしい方へ連絡をします。

しかし、誰に連絡すればいいのか、時間帯、何と伝えるかなど、わからないことも多いでしょう。

ここでは、家族が危篤になったときの連絡マナーをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

どこまで連絡すればいい?

危篤の連絡をするのは、

  • 本人から三親等までの親族
  • 本人と親しい友人
  • 本人と親しくしている会社関係の方

などが一般的です。

上記に当てはまらなくても、本人がどうしても会いたがっていた方がいれば、その方にも連絡してください。

また、いくら三親等以内の親族といえど、普段交流がないのであれば連絡する必要はありません。

「心から会いたいと思ってくれそうかどうか」

これを基準に考えてみてください。

ちなみに、本人を基準にした三親等は以下の通りです。

  • 両親(1親等)
  • 子ども(1親等)
  • 祖父母(2親等)
  • 兄弟姉妹(2親等)
  • 孫(2親等)
  • 曾祖父母(3親等)
  • 曾孫(3親等)
  • 叔父・叔母(3親等)
  • 甥・姪(3親等)

遠方にいる方にも伝えるべき?

例え遠方でも、本人が会いたがっていたなら連絡すべきです。

「もし危なくなったら、○○さんを呼んでほしい」などと明確にお願いされていたら、すぐに連絡しましょう。

また、遠方からお越しいただく場合は、

  • 宿泊施設
  • 交通費

などの準備をしてあげると親切です。

時間が早朝・深夜の場合

危篤の連絡は急なものなので、早朝だろうと深夜だろうと失礼・迷惑にはなりません。

むしろ、連絡せず死に目に会えない方が失礼です。

とはいえ、寝ているときに起こすわけですから、連絡の際に「夜分遅くに大変申し訳ございません」などひと言添えるようにしましょう。

スポンサーリンク

何と連絡すればいい?

危篤の連絡をするときに大切なのは、手短に用件だけを伝えることです。

  • 自分が誰か
  • 誰が危篤なのか
  • 危篤者のいる病院名・住所・電話番号
  • 自分の連絡先

以上の4ポイントを事前に把握し、連絡していきましょう。

また、電話連絡が基本ですが、電話が通じないときはメールでもかまいません。

それらもあわせて、例文をご紹介したいと思います。

電話の例文(父の場合)

私、○○の息子の○○と申します。

父が危篤ですので、ひと目会ってやっていただけないでしょうか?

病院は○○で、電話番号は○○です。

何か連絡がございましたら、私の携帯番号○○までお電話いただきますよう、宜しくお願い致します。

メールの例文(父の場合)

私は、○○の息子の○○と申します。

父が現在危篤となっています。

○○市の○○病院に入院しているのですが、ひと目会っていただければと思い、ご連絡させていただきました。

もしお会いいただければ、父も大変感謝すると思います。

○○病院の住所は○○で、○○病棟○階○号室におります。

もしご連絡をくださる場合は、私の携帯番号○○までお電話ください。宜しくお願い致します。

会社に連絡するタイミング

危篤の連絡を終えたら、会社に欠勤の連絡を忘れないようにしてください。

始業時間だと遅すぎるため、上司が起きているであろう時間帯、もしくは出社している時間帯を見計らって連絡します。

危篤時はバタバタするため、気が動転して忘れがちになるものです。

ただし、職場の人に迷惑をかけるわけにはいかないので、忘れないよう注意してくださいね。

まとめ

危篤の連絡をするときは、

  • 自分が誰か
  • 誰が危篤なのか
  • 危篤者のいる病院名・住所・電話番号
  • 自分の連絡先

の4つに要点をまとめ、親族、親しい友人などに連絡をしましょう。

-社会人, 葬儀