食事

結婚式のテーブルマナーをチェック!レストランとの違いなど

2017/10/14

結婚式にあまり出席したことがないと、披露宴でどのように振舞えばいいか不安になりますよね?

ここでは、結婚式のテーブルマナーをご紹介しているので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

基本はレストランと同じ

結婚式のテーブルマナーは、レストランとほぼ同じです。

結婚式で出てくる料理は、フレンチやイタリアンの場合が多いので、いわゆる洋食のマナーになります。

乾杯するときはグラスをぶつけない

グラス同士をぶつけると、小さな傷がついてしまうことがあるので、ぶつけずに目の高さまで上げるのが正しい乾杯になります。

ただし、グラスをぶつけることで厄払いになるという説もあるので、式によってはグラスをあわせてと指示されることも。

その際は、指示に従ってOKです。

ナプキンの使い方

ナプキンの一連の使い方は次のとおりです。

  • 料理が来る少し前に広げる
  • 半分に折り、折り目を手前にして膝上へ置く
  • 汚れを拭くときは折り曲げた内側を使う
  • 席を離れるときは、椅子の上に置く
  • 食後は適当にたたみテーブル上へ置く

この5つを覚えておけば、ナプキンに関しては問題ありません。

食後にナプキンを綺麗にたたむのは「料理が不満だった」という意思表示になるので注意してください。

カトラリーは外側から使う

ナイフやフォークがテーブルに何種類も並んでいる場合は、端から使っていくのがマナーです。

出て来る料理に合わせて、外から順に並べてあります。

ただし、ナイフとフォークが1本ずつしかない場合は、料理ごとに合わせて出てくるか、それを使い続けることになります。

もしお箸が準備してあれば、ずっとお箸を使って食べてもかまいません。

スープは音を立てない

スープを飲むときは、音を立てないように飲みましょう。

また、お皿を持ち上げたり、お皿に口をつけて飲むのもマナー違反なのでやってはいけません。

ただし、持ち手のついたカップタイプの容器に限り、手で持って飲んでも大丈夫です。

パンはひと口サイズ

普段パンにはかぶりついている方も、披露宴の場ではひと口サイズにちぎって食べましょう。

洋食では、どんな物もひと口サイズで食べるのが美しいとされています。

なので、1度小さくちぎってから、バターをつけて召し上がってください。

メインディッシュの食べ方

メインディッシュのお肉やお魚は、それぞれ少しだけ食べ方が違います。

  • お肉:左側をフォークで押さえながら、ナイフでひと口サイズにカットして食べる。
  • お魚:基本はお肉と同じ。丸々1匹の場合は、ひっくり返さずに中骨を取り除きながら食べる。
  • 甲殻類:フォークで押さえながら、1度身と殻を引き剥がして食べる。

披露宴の料理は当日までわからないので、これらを覚えておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

レストランと違う点

座るのはテーブルの担当者を待ってから

レストランでは、ウェイターさんが入り口から席まで案内してくれますが、披露宴では席まで自分で行きます。

ただし、勝手に座るのではなく、その席の担当となるウェイターさんが来るのを待ちましょう。

引き出物をテーブルの下に入れたり、椅子を引いたりしてくれます。

この際、ウェイターさんは椅子の右側で作業をするため、椅子の左側で待機してください。

話に夢中になりすぎない

結婚式では久しぶりに顔をあわせる方と、同じテーブルになることが多いと思います。

お酒が入れば話もはずみますし、とても楽しくなりますよね。

しかし、主役は新郎新婦ですので、主役そっちのけで喋るのはやめましょう。

スピーチやイベントでは話をやめて食べる手を止め、主役を祝う気持ちを忘れないようにしてくださいね。

まとめ

結婚式でのテーブルマナーは、基本的にレストランと同じです。違う点は、テーブルに座るときや話に夢中になりすぎないくらいになります。

レストランのテーブルマナーを詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にどうぞ。

>>レストランでのテーブルマナー11選!入店から会計まで

-食事