お祝い 結婚

結婚祝いの選び方や贈ってはダメなものなど

2017/10/14

結婚を祝福するための結婚祝いですが、間違えてしまうとせっかくのお祝いムードを壊してしまうことがあります。

そうならないためにも、結婚祝いの正しいマナーを知ることが大切です。

ここでは、結婚祝いの選び方や贈ってはダメなものをご紹介しているので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

結婚祝いは必ず贈らないといけない?

そもそも結婚祝いを贈るかどうかですが、別に贈らなくても問題ありません。

結婚式に参加する予定で祝儀を渡すつもりの方は、贈らないことが多いです。

人によっては、結婚式で祝儀を渡す予定で、それとは別に軽くお祝いを渡す方もいらっしゃいます。

要するに“気持ちの問題”なので、本当に相手をお祝いしたいときに贈るというスタンスでOKです。

結婚祝いはいつまでに渡すのがマナー?

招待状を受け取ってから、結婚式の1週間前までに渡すのがマナーです。

早すぎてもいけませんし、遅すぎてもいけません。早くから知っていたとしても、招待状が届いてから贈ります。

また、結婚式当日にお祝い品を持参するのはマナー違反です。

相手にとっては迷惑でしかないので、必ず挙式の1週間前までに渡しておきましょう。

結婚式を挙げない方の場合

結婚式を挙げない方に対しては、入籍の知らせを聞いた後に渡します。

この場合は、お祝いの品でもいいですし、祝儀も兼ねてお金を渡してもかまいません。

ポイントとしては、金銭面で式を挙げない方もいらっしゃるので、高価なものはなるべく避けるという点です。

相手が気を遣わない程度のギフトを渡しましょう。

結婚祝いの選び方

結婚祝いの選び方にはいくつかあり、

  • ペアグッズ(カップ・パジャマなど)
  • 新生活で使うもの(キッチン家電や掃除道具など)
  • 相手が欲しがっているもの

などを贈るのが一般的です。ベストは相手の欲しがるものですが、わからない場合はペア物や新生活用品をチョイスしましょう。

また、ギフトの予算ですが、間柄と式に参加するかどうかで少し変わります。

  • 友人(参加):3,000〜5,000円
  • 友人(欠席):10,000〜20,000円
  • 親族(参加):10,000〜15,000円
  • 親族(欠席):30,000〜50,000円

式に参加するなら気を使わせない程度、欠席するなら祝儀の半額程度を目安にするといいですよ。

スポンサーリンク

贈ってはいけないもの3つ

刃物・割れ物

刃物は「切れる」、割れ物は「壊れる」を連想させるため、結婚祝いとしては贈らない方がいいです。

しかし、ペアのワイングラスなどは人気が高く、贈る方が多いのも事実です。

このあたりは、相手が欲しがっていたり、事前に聞いたりしてOKであれば贈ると間違いありません。

偶数の物

ギフトはセット物が多いですけれど、4個、10個などの偶数セットのものは避けましょう。

理由は、別れを連想させないよう「割れない数がいい」とされているからです。

ただし、ペア、半ダース(6個)、1ダース(12個)は1つの単位として数えるため、贈ってかまいません。

また、末広がりの「8」も縁起のいい数字として良しとされています。

異性には身につけるもの以外を

相手が異性の場合、結婚式に呼ばれないことがほとんどなので、できるだけお祝いを渡したいと思います。

その際は、身につけるもの以外を渡しましょう。

自分のパートナーが、異性からもらったものを身につけているといい気はしませんよね?だから避けます。

できれば、1人で贈るよりも友人数名と一緒に贈れるとベターです。

まとめ

結婚祝いは、招待状を受け取ってから挙式の1週間前までに渡すのがマナーです。

お祝いの品は、相手に気を遣わせない程度にし、贈ってはいけないものに注意して選ぶようにしましょう。

-お祝い, 結婚