食事

イタリアンのコース内容やアラカルトの注文マナー|イタリアン用語も

2017/10/14

イタリアンレストランへ初めて行くときってドキドキしますよね?

どんな内容なのか、どうやって注文したらいいのか、わからない言葉が出て来たらどうしようなど、色々不安もあると思います。

ここでは、イタリアンのコース内容やアラカルトの注文マナーをご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

イタリアンのフルコース内容

イタリアンのフルコースは、主に7パートに分かれて出て来ます。

最初から最後まで順番に沿ってご紹介していきますね。

①突き出し

まず最初に出てくるのが、突き出しです。「アミューズ」とも呼ばれています。

前菜の前に登場するもので、食前酒と一緒にいただくのがマナーです。主に口あたりの軽いものが登場します。

②前菜

突き出しの次は「前菜」です。

一般的に彩りの美しい料理が多く、鮮やかなパプリカをあしらったものや、トマトとモッツァレラなどがよく登場します。

ワインを飲む方は、ここからワインと一緒に料理をいただいていきます。

③パスタ

前菜が終わると、パスタが登場します。

メインの1皿目にあたる料理で、パスタを出すお店が多いですが、中にはスープやリゾット、ニョッキなどを出すお店もあります。

パスタやリゾットはフォーク、スープはスプーンを使っていただきましょう。

パスタはすすらず、スープも音を立てないように飲むのがマナーです。

ちなみに、スプーンを使ってパスタを巻くのは「お子様の行為」とされています。大人がやると恥ずかしいのでご注意を。

④メイン料理

コースのメインは、主に肉料理か魚料理、もしくはその両方が登場します。

どちらもナイフとフォークを使って食べるのがマナーで、骨つきの魚はひっくり返さないように食べましょう。

ただし、骨つき肉に関しては手を使って食べてもOK!

また、メイン料理を食べるときに「ヴェルドゥーラ」という、付け合わせの野菜が別で運ばれてくることもあります。

⑤チーズ

デザートの前に、メイン料理の余韻を楽しむためチーズを食べます。

選ばせてくれるお店も多いので、好きなものを数種類選んでください。ワインと一緒に、優雅にいただきましょう。

⑥デザート

デザートには、

  • ティラミス
  • ジェラート
  • パンナコッタ

など、イタリアならではのデザートが多いです。

ケーキ類やフルーツ類は、ナイフとフォークを使って食べますが、アイスはスプーンで食べてかまいません。

食べるときは、ひと口サイズに分けて食べてください。

⑦コーヒー

コーヒーが出て来たら、いよいよコース料理の最後です。

ここで量の多いカプチーノを頼むと「お腹が満たされなかった」という意味になるので、エスプレッソを頼むのがマナーです。

お店によっては、ちょっとしたお菓子が一緒に出てくることもあります。

スポンサーリンク

パンを食べるタイミングとマナー

パンはお店によって出すタイミングが異なり、突き出しの前、スープの後などに出てきます。

このパンを食べるタイミングですが、前菜が来てから、デザートが来るまでを目安に食べましょう。

パンには「口直し」の意味もあるので、料理の後に食べるとスマートです。

また、食べるときは直接かぶりつかず、ひと口サイズにちぎってから食べるのがマナーです。

オリーブオイルやバルサミコと一緒に出されたら、お好みでつけるのも◎。

アラカルトでオーダーするときは?

コースとは違い、単品で注文することを「アラカルト」といいます。

コース料理だと食べきれない方、好きなものだけを食べたい方は、アラカルトで注文するのがおすすめです。

細かいルールはありませんが、前菜とメイン料理の2つは注文しましょう。

前菜とパスタを食べ、それから胃袋に余裕があれば、メインをオーダーするのもありです。デザートは必ず最後に注文してください。

覚えておきたいイタリアン用語

イタリアンで、最低限覚えておきたい用語をピックアップしました。

覚えておけば、メニュー表を見るときや、ウェイターさんとの会話で困らないかもしれません。

アンティパスト

「前菜」のことです。

プリモ・ピアット

「第1の皿」を指します。コースだと、パスタやリゾットなどのお皿です。

セコンド・ピアット

「第2の皿」を指します。お肉やお魚などメイン料理のことです。

ドルチェ

「デザート」です。

パスタ類

  • ロングパスタ:フォークで巻ける長さのパスタ
  • ショートパスタ:ペンネやフリッジなど、短いパスタ
  • ラビオリ:肉や野菜を包んだパスタ
  • ニョッキ:コロッとした見た目の、ジャガイモと小麦粉を合わせたパスタ

リゾット

日本でいうところの「お粥」にあたる料理です。パルメザンチーズやイカ墨での味付けが王道。

バーニャカウダ

生野菜を、特製の熱いソースにつけて食べる料理です。

ソースは、アンチョビ、オリーブ、ニンニク、チーズなどをブレンドした、深い味わいが特徴です。

パンチェッタ

豚バラ肉を塩漬けにし、その後乾燥させたものです。

パスタやスープの味付けに使ったり、薄切りにして生ハムのように食べることもあります。

まとめ

以上がイタリアンのフルコース内容やアラカルトの注文マナーです。

フレンチとは似ているようで少し異なるため、それぞれに合わせた知識をつけておきましょう。

>>フレンチのコース内容をチェック|アラカルトの注文マナーなども

-食事