社会人 葬儀

お供え物やお布施など初盆に必要なものをチェック

初盆を迎えるにあたって、事前に用意しなければならないものがたくさんあります。

お供え物はもちろん、精霊馬のような聞きなれないものもあるので、初盆を準備する側のマナーとして知っておくべきです。

ここでは、初盆に必要なものをご紹介しているので、チェック用として参考にしてください。

スポンサーリンク

初盆で用意するもの

初盆で用意するものは、主に次の5つです。

  • お供え物
  • 精霊棚
  • 精霊馬
  • 盆提灯
  • お布施

これらはそれぞれに役割があり、初盆ならではのものばかりなので、慣れない方にはチンプンカンプンだと思います。

なのでそれぞれについて、もう少し詳しくご紹介していきたいと思います。

お供え物は何を用意すればいい?

初盆のお供え物に欠かせないのが「団子」です。

お盆に帰ってきているご先祖様にささげるもので、期間中は毎日仏壇へ捧げるのがマナーです。

  • 8月13日:お迎え団子
  • 8月14〜15日:お供え団子
  • 8月16日:送り団子

全て白い団子を用意しましょう。

また、団子の他に故人の好物も捧げます。お酒やお菓子など、好んでいた食べ物を準備しましょう。

精霊棚とは?

精霊棚(しょうりょうだな)は、お供え物を飾る棚です。

仏具店で購入もできますが、小さなテーブルを用意して、その上にお供え物を置くなどしてもかまいません。

精霊馬とは?

精霊馬は、先祖が帰ってくるときと、戻るときに乗るための乗り物です。

  • きゅうり:帰ってくるとき用。馬。
  • なすび:戻るとき用。牛。

帰ってくるときは馬で早く、戻るときは牛でゆっくりと戻っていくという意味があります。きゅうりとなす、それぞれに割り箸を刺せば完成です。

スポンサーリンク

盆提灯

盆提灯は、先祖が迷わず帰ってくるための目印の役目を果たすものです。

色々な形や大きさがあり、親族から贈られたり、代金をいただくことが多いです。初盆が終わったら、燃やして供養してもらいます。

お布施はいくら必要?

初盆におけるお布施の相場は、30,000〜50,000円です。

また、家へ来てもらいお経をあげてもらう場合は、別に「お車代」を渡すのが一般的です。

お車代の相場は、5,000〜10,000円。

なので、家へ来てもらう場合は最大60,000円近くかかることになります。

この辺に関しては明確な基準がないため、家族や近しい親族に相談して決めてもいいかもしれません。

お坊さんへの連絡は早めに

初盆はお坊さんが忙しくなるため、早めにお願いの電話をすることをおすすめします。

早いに越したことはないので、1ヶ月以上前には連絡しておいた方がいいでしょう。

ギリギリだと、都合がつかず断られることもあるので注意してくださいね。

まとめ

初盆に準備するものは、次のとおりです。

  • お供え物
  • 精霊棚
  • 精霊馬
  • 盆提灯
  • お布施(30,000〜50,000円)

それぞれに意味があるので、初盆を迎えるための最低限のマナーとして知っておきましょう。

-社会人, 葬儀