社会人

ゴルフの基本的なマナー|服装・プレー・クラブハウスなど

「ゴルフは紳士のスポーツ」といわれるように、ゴルフには様々なマナーが存在します。

なので、マナーを知らないと接待で大恥をかくことも。

ここでは、ゴルフに関する基本的なマナーをご紹介しているので、ゴルフ初心者の方は参考にどうぞ。

スポンサーリンク

服装に関するマナー

ゴルフ場へ入るときのドレスコード

高級レストランと同じように、ゴルフ場へ入る際にもドレスコードがあります。

男性の主なドレスコードは、

  • 襟付きシャツ
  • ジャケット
  • ロングパンツ(チノパン等)
  • フォーマルシューズ

対する女性は、明確なドレスコードがありません。(女性がゴルフを始めてから歴史が浅いため)

ですが、男性と似たような、

  • 襟付きシャツ
  • ジャケット
  • ロングパンツ(もしくは短すぎないスカート)
  • ヒールのあるパンプス

これらの服装をするのが一般的です。

逆にダメな服装の例としては、

  • ゴルフウェア
  • タンクトップ
  • ジーンズ
  • ジャージ
  • 露出の多い服装
  • サンダル

などなど、このような服装はマナー違反です。

格式の高いゴルフ場になると、入ることすらできなくなるのでご注意ください。

プレイするときの服装

ラウンドを回るときは、ゴルフウェアを着ます。

ゴルフウェアは、スポーツ用品店やゴルフショップで手に入れることができます。

どんな服装でプレイすれば良いかわからない方は、ショップで揃えるのが無難です。

男女ともに注意すべきポイントは大きく3つで、

  • 肌を露出しすぎない(ホットパンツ・超ミニスカート)
  • 裾を出さない
  • ゴルフシューズを履く

これらを守るようにしてください。

夏場は汗をかきますが、首にタオルを巻いたままのプレイもNGです。必ず汗を拭いたらバッグに戻しましょう。

プレイに関するマナー

打つときはスムーズに

ゴルフのハーフ(9ホール)は、約2時間を目安に回ります。

また、後から回ってくる別の組に迷惑をかけないためにも、スムーズにプレイするのが基本です。

そのため、打つときにグダグダしてはいけません。

  • 素振りは2〜3回
  • クラブはあらかじめ決めておく
  • 打つ体勢に入ったらスマートに打つ

以上の3点に注意してプレイしましょう。

次へ行くときはクラブを2〜3本持って行く

自分のボールを追いかけていくときは、使いそうなクラブを2〜3本持って行くのもマナーです。

ボールの場所についてから確かめると時間がかかるため、あまりスマートとはいえません。

初めてでよくわからないときは、キャディさんに相談してみましょう。

スポンサーリンク

打つ人から離れる

一緒にプレイしている人が打つときは、近くにいてはいけません。

「危ない」のも1つの理由ですが、本人が集中してプレイするための気遣いでもあります。

そのため、打つ構え(アドレス)に入ったら会話を止め、静かに見守るようにしましょう。

お互いにベストを尽くせるよう、紳士・淑女な振る舞いを心がけてください。

ナイスショット・ファーを言う

良いときは「ナイスショット!」と声をかけるのも、ゴルフのマナーです。

また、隣のホールへ飛んだり、先にプレイしている人のところへ飛んだときは「ファー」と声をかけます。

この掛け声には「ボールが行きました、危険です」と知らせる役割があります。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、気持ちよく・安全にプレイする必要なことなので頑張って言いましょう。

グリーンではグリーンフォークを使おう

ホールの最後に待っているグリーンは、沈みやすくなっています。

そのため、ボールが着地してヘコむこともしばしば。そんな状態だと他の人のボールコースを邪魔してしまうかもしれませんよね?

そこで使うのが「グリーンフォーク」という、フォーク状の道具です。

このグリーンフォークは、地面をほぐし引き上げるために使います。

ゴルフ場でもらえることもありますが、念のため1本持っておくといいでしょう。

バンカーに入れてしまったら?

バンカーに入ったら最初に注意するのが、自分がバンカーへ入る位置です。

必ずバンカーの低くて平らなところからバンカーへ入ってください。

高いところから入ってはいけない理由は、コースを傷つける可能性があるからです。

また、バンカーで打ち終えた後は、「レーキ」と呼ばれる道具で整地するのもマナーです。

バンカーの近くにあるので、これまで忘れないようにしてください。

クラブハウスでのマナー

クラブハウスとは、受付や休憩所、レストランがある施設です。

プレイの途中で昼食をとるとき、プレイ終わりに休憩するときなどに利用するのですが、ここでもマナーがあります。

主に以下の4つに注意しましょう。

  • 入るときはシューズの泥を落とす
  • クラブハウス内ではキャップ・バイザーをとる
  • サングラスを外す
  • 携帯電話で喋らない(指定の場所のみ)

キャップやサングラスは意外と忘れがちなので、より注意してください。

こんなプレイヤーは嫌われる

プレイや利用に関するマナー違反ではありませんが、嫌われるプレイヤーの特徴もご紹介したいと思います。

遅刻・ギリギリに到着する

暗黙の了解として、1時間前にはゴルフ場に到着するように行動します。

それから受付を済ませ、10分前にはスタート位置につくのが一般的な流れです。

そのため、時間ギリギリや遅刻する人はかなり嫌われます。

他の人に迷惑をかけないためにも、余裕のある行動を心がけましょう。

邪魔をする

友達をプレイする際、ちょっとおどけて邪魔をしたくなるかもしれませんが、ダメです。

友達は何も言わないかもしれませんが、他のプレイヤーを不快にさせることがあります。

また、進行を遅くすることにもなるので、例え友達とプレイしてもマナーは守ってください。

うるさい

お昼にお酒をはさみ、気分が良くなってうるさくなる方がいます。

楽しくプレイするのは良いことですが、他の人への迷惑になるので、注意してください。

まとめ

少々細かなマナーもありますが、これらを守ることで皆が気持ちよくプレイできます。

ゴルフの技術も大切ですが、同じくらいマナーも大切なので、しっかり覚えてからプレイに臨みましょう。

-社会人