食事

フレンチのコース内容をチェック|アラカルトの注文マナーなども

2017/10/14

おしゃれなフレンチでディナーを楽しむなら、コース内容や注文マナーは知っておくに越したことありません。

知らないがゆえに恥ずかしい思いをしたり、困ったりすることもあります。

ここでは、フレンチのコース内容やアラカルトの注文マナーをご紹介しているので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

フレンチのフルコース内容

フレンチのコース内容は、大きく10のパートに分かれています。

イタリアンとは違うので、混同しないよう上から順を追ってご説明していきたいと思います。

①突き出し

最初の料理は、ひと口サイズのオードブルです。

これは、お店によって出すところと出さないところが分かれますが、出てきた際は食前酒と一緒に楽しみます。

②前菜&パン

ひと口サイズのオードブルが食べ終わると、前菜とパンが登場します。

前菜が数種類でてきた場合は、冷たいものから温かいものの順番に食べるのがマナーです。

また、一緒にでてくるパンは、口の中の掃除や口直しの役割があります。

そのため、基本的にはパンを追加注文しても料金はかかりません。(一応お店に確認することをおすすめします)

③サラダ

前菜のあとのサラダには、メインの肉料理により血液が酸性化するのを防ぐ意味があります。

④スープ

フレンチでは、メイン料理の前にスープを出します。

スープを飲むときは、ズズズと音を立てずに、スープで食べるように口へ運んでください。

ちなみに、フレンチのスープはコンソメ仕立てのものが多いです。

⑤魚料理

メインは、魚料理から肉料理の順に出てきます。

切り身の魚なら、ナイフとフォークを使ってひと口サイズにカットし、少しずついただきます。

また、エビなどの甲殻類は身を殻から剥がして、それからひと口サイズにカットしましょう。

⑥ソルベ

肉料理を食べる前に、口直しとして出されるシャーベットです。デザートではありません。

お店によっては、このタイミングでサラダを出すところもあります。

⑦肉料理

フレンチの肉料理は、鮮やかに盛り付けてあるものが多いです。

当たり前ですが、フォークとナイフを使い、ひと口サイズにカットしてから口へ運びます。

秋から冬にかけてのフレンチでは、ジビエ(シカやイノシシ)を使ったお肉が使われることも多いです。

⑧チーズ

メインの後に、チーズが出てくることがあります。

これは、メイン料理の余韻を味わうためのもので、ワインと一緒にゆっくりいただくのがスマートな楽しみ方です。

ただし、お店によっては出てこないところもあるのであしからず。

⑨デザート

フレンチのデザートは、次のようなスイーツが登場します。

  • ムース
  • タルト
  • プディング
  • ババロア

お店によっては、好きなものを好きなだけお皿に持ってもらえるところもあります。

また、スイーツと一緒に季節のフルーツが盛り合わせになることもありますよ。

⑩コーヒー

食後のコーヒーは、小さなデミタスカップで提供されます。

「プチフール」といって、小さなケーキやチョコレートが一緒にでてくることもあります。

以上が、フレンチのコース内容です。

スポンサーリンク

アラカルトの注文マナー

アラカルトとは、コースとは違い、好きな料理を好きなように個別注文するスタイルのことです。

特にこれといったマナーはなく、アラカルトの1皿は量が多いので、コースと同じ内容を注文しなくてOK。

まずはメイン料理を決めて、それからメインに合う前菜を選びます。足りなそうであれば、追加してもかまいません。

メインに合う料理が分からないときは、スタッフに素直に聞きましょう。

デザートやコーヒーは、メインディッシュを食べ終えた後に注文するので、最初にオーダーする段階では決めてなくて大丈夫です。

あまり量を食べれない方は、アラカルトがおすすめ。

覚えておきたいフレンチ用語

メニュー表を見るときや、ウェイターさんとの会話で困らないように、フレンチ用語をいくつかご紹介したいと思います。

アミューズ

「突き出し」のことです。

オードブル

フレンチでは「前菜」のことを指します。

料理を大皿に盛り付けた日本のオードブルとは違うので、間違えないようにしてくださいね。

ポワソン

「魚料理」のことをポワソンといいます。

ヴィアンド

「肉料理」のことです。

調理方法の名称

  • コンフィ:低温の油でじっくり加熱した肉料理
  • ポワレ:バターや油を使いフライパンで焼く料理
  • ラグー:煮込み料理
  • ロティ:ロースト・オーブン焼き料理
  • グリエ:網焼き料理
  • フリカッセ:クリーム煮

シャンピニオン

きのこの総称のことですが、主に「マッシュルーム」を指すことが多いです。

まとめ

フレンチは、イタリアンよりも少しだけコース内容が多く、料理のタイミングも異なります。

イタリアンについてはこちらでご紹介しています。

>>イタリアンのコース内容やアラカルトの注文マナー|イタリアン用語も

-食事