ビジネス

エレベーターでのビジネスマナー|乗り降りの順番や上座など

2017/10/14

会社のエレベーターで上司や取引先の方とバッタリ!そんなとき、

  • どちらから先に乗ればいいの?
  • 上座はどこ?

など、迷っているようではいけません。

ここでは、エレベーターでのビジネスマナーをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

乗る順番はシチュエーションで変わる

エレベーターの乗り降りする順番ですが、シチュエーションによって自分が先か後かが変わります。

中に人がいた場合、いなかった場合で、それぞれどのように対応するかは次のとおりです。

中に誰もいなかった場合

ドアが開いて中に誰もいなかった場合は、自分が先に乗ります。

先に乗ってエレベーターの操作パネル前に立ち、「開くボタン」を押しながら扉を手で押さえつつ、「どうぞ」と案内するのがマナーです。

とはいえ、何も言わずに先にポーンと乗るのは無愛想なので、「お先に失礼します」とひと言かけながら乗りましょう。

中に誰かいた場合

ドアが開いて中に誰かいた場合は、目上の方、お客様から先に乗ってもらいます。

エレベーターのドアが閉まらないように、ホール側のボタンを押しつつ、目上の方、お客様が乗るのを待ちます。

乗ったのを確認したら、操作パネルの前に立てばOKです。

もし操作パネルの前に先客がいたら、無理に行くことはありません。行き先の階を押すか、伝えて押してもらいます。

他の方への気配りも大切

もしエレベーターパネルの前に立ったら、目上の方やお客様以外の方への気配りも大切です。

後から乗って来る方には、「何階ですか?」と自分から声をかけてあげるのが大人のマナーです。

こういうさりげない気配りも、他の方は見ているので忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

降りるときは自分が最後

乗るときは違い、降りるときは目上の方やお客様が先です。

エレベーターの「開くボタン」を押しながら、ドアを手で押さえつつ、上司やお客様が降りたのを確認してください。

あとは、皆が降りたのを確認して、自分が最後に降りれば完璧です。

上座はどこ?

エレベーターの中は、操作パネル前が下座、一番奥が上座です。

例えば、4人で乗るなら次のような立ち方になります。

  • 操作パネル:1番下の人
  • 操作パネル横:2番目に下の人
  • 操作パネル対角線:3番目に下の人
  • 操作パネル真後ろ:1番上の人

上座に先客がいた場合は?

エレベーターの上座に先客がいる場合は、無理にそこへ行ってもらう必要はありません。

目上の方やお客様も立派な社会人なので、エレベーターでのマナーくらい心得ているはずです。

自分から空いている上座へ移動するはずなので、特に何もしなくて大丈夫です。

まとめ

エレベーターは、中には先客がいなければ自分が先に乗り、先客が入れば目上の方から乗ってもらうのがマナーです。

上座・下座があるので、立ち位置にも気を配りながら失礼にならないよう振舞いましょう。

-ビジネス