ビジネス

クッション言葉はビジネストークの基本マナー|使用例もあわせてチェック

2017/10/14

断りたいとき、お願いをしたいときに相手を不快にさせないよう挟む「クッション言葉」は、大人なら身につけておきたいスキルの1つです。

正しく使えば、上司や取引先とも良好な関係を築くサポートだってしてくれます。

ここでは、そんなクッション言葉の使い方をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

断るときのクッション言葉

仕事の依頼や、何か物をいただくときなど、とても断りづらい場面で使うのが断りのクッション言葉です。

ただ「断らさせていただきます」というと、相手にぶっきらぼうな印象を与えてしまいます。

そうならないために、断る前に次の言葉を付け加えましょう。

  • お気持ちはありがたいのですが
  • 申し上げにくいのですが
  • 身に余るお言葉ですが
  • 失礼とは存じますが
  • 大変恐縮ですが
  • せっかくですが
  • 残念ながら

これらの言葉を最初に言うことで、相手の嫌な気持ちを軽減することができます。使用例は次のとおりです。

お気持ちはありがたいのですが、辞退させていただきます。
大変恐縮ですが、今回のご提案は辞退させていただきます。
残念ながら、今回は見送らせていただきます。

お願い事をするときのクッション言葉

お願いするときも、いきなり「○○をお願いします」という言うのではなく、次のようなクッション言葉を挟むことで印象が柔らかくなります。

  • ご都合のよいときで結構なので
  • 申し訳ございませんが
  • 勝手申し上げますが
  • お差し支えなければ
  • 恐れ入りますが
  • よろしければ
  • お手数ですが

これらを利用してお願いをすると、

ご都合のよいときで結構なので、ご一読ください。
お差し支えなければ、お名前をお聞かせいただいてもよろしいでしょうか?
お手数ですが、こちらにご記入をお願いします。

などのような言い回しになります。これだけで本来通りづらいお願いが通ることもあるので、ぜひ使用してみてください。

反論するときのクッション言葉

目上の方や、取引先の方に反論するときに役立つのが、反論の衝撃をやわらげてくれる次のクッション言葉です。

  • 確かにそのとおりでございますが
  • おっしゃることはわかりますが
  • ご意見なるほどと思いますが
  • 差し出がましいようですが
  • 失礼とは存じますが

これらの使い方は、次のとおりです。

確かにそのとおりでございますが、現時点ではお答えすることができません。
差し出がましいようですが、意見を申し上げます。
失礼とは存じますが、あえて直言させていただきます。

これらのクッション言葉を使うと、反論ではあるものの言葉に敬意を感じるため、相手が不快感を感じにくくなります。

スポンサーリンク

確認するときのクッション言葉

相手に確認をとりたいときのクッション言葉は、主に次の3つを使いましょう。

  • 大変恐縮ですが
  • お手数ですが
  • 失礼ですが

例文にすると、次のような文になります。

大変恐縮ですが、もう1度ご確認ください。
お手数ですが、もう1度ご確認いただけませんでしょうか?
失礼ですが、お名前を伺ってもよろしいでしょうか?

何度もお願いするときのクッション言葉

何度もミスをした、こちらの不手際でまたお願いをしなければならなくなった、そんな気を使うシーンでのクッション言葉もあります。

  • たびたびお手数をおかけしますが
  • 重ね重ね申し訳ございませんが

これらの言葉を使ってお願いをすれば、

たびたびお手数をおかけしますが、ご対応をお願い致します。
重ね重ね申し訳ございませんが、再度お送りいただけませんでしょうか?

このようになり、とても低姿勢なのが伝わります。ミスをしやすい方は、ぜひ覚えておきましょう。

まとめ

断り、お願い、反論、確認、何度もお願いするときのクッション言葉、上記のとおりです。

このクッション言葉があるのと無いのでは、相手の受けとり方にも大きく差が出るので、ぜひビジネスシーンで活かしてください。

もちろんクッション言葉以前に、きちんとした敬語を使えていることが大前提です。自信の無い方は、こちらの記事も参考にどうぞ。

>>上司がガッカリする間違った敬語7選|了解です・ご苦労様ですはNG

-ビジネス