食事

中華料理を食べるときに気をつけたい6つのマナー。上座や作法なども

2017/10/14

  • 円卓の上座・下座
  • ターンテーブルの使い方
  • 料理の食べ方

などなど、中華料理を食べ慣れない方からすると、わからないことがたくさんあると思います。

ここでは、中華料理を食べるときのマナーをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

上座は入り口から最も遠い席

中華料理の席では、出入り口から最も遠い場所が上座になります。

その逆で、出入り口に最も近い場所が下座になり、主催者の方などが座ります。これに関しては、日本の上座・下座と変わりません。

円卓ではなく、四角いテーブルに通された場合も、日本と同じように出入り口から遠いところが上座です。

ターンテーブルには4つのルールがる

日本の食卓では見慣れないターンテーブルは、次の4つのルールを覚えておきましょう。

乗せていいのは3つだけ

まずターンテーブルの上に乗せていいものですが、

  • 料理
  • 取り皿
  • 調味料

この3つ以外は置いてはいけません。

飲み物やコップなどを乗せたまま回し、誰かへ渡すようなことは行儀が悪いので避けます。

必ず目上の人から取る

中華料理に限ったことではありませんが、料理は目上の方から取るのがマナーです。

美味しそうな料理が目の前にあったとしても、自分の番になるまで絶対に箸をつけてはいけません。

回すときは時計回り

ターンテーブルは回す方向に決まりがあって、必ず時計回りに回すのがマナーです。

すぐ左手に食べたいものがあったとしても、右へ回してひと通り取り終えてから、最後に取るようにしましょう。

また、食べるタイミングは皆が取り終えてから全員一緒に食べます。

他の人が取っているときは回さない

当たり前ですが、他の人が料理を取っているときには回してはいけません。

誰も取っていないか確認するくらいの余裕を持つことが大切です。

1つのお皿に1つの料理

日本では1つのお皿にいくつか料理を取ることも珍しくありませんが、中華では1品につき1皿使うのがマナーです。

他の料理と混ぜることを良しとしないので、日本との違いに注意します。

その代わり、ターンテーブルに乗っている取り皿は、遠慮なく使ってください。

また、食べ終わったお皿は重ねて良いのも、和食や洋食とは違う点です。使い終わったお皿は重ねて、店員さんに下げてもらいましょう。

スポンサーリンク

お皿は持たない

中華では、お皿を一切持ち上げません。

食べるときはもちろん、料理を取るときでさえも持ち上げません。持ち上げるのはマナー違反なのです。

日本人なら、お皿を持つ習慣が身についていると思うので、ついついやってしまわないよう注意してくださいね。

取り分けは原則しない

先ほどの「お皿は持たない」でわかると思いますが、誰かに取り分けることも原則しません。

それぞれが、自由に自分のお皿へ取っていくのが中華料理のスタイルです。

なので、日ごろ料理を取り分け慣れている女性の方も、中華料理ではそのような気は使わなくて大丈夫です。

れんげには持ち方がある

れんげを使うとき、上の画像のような持ち方をしていませんか?

この持ち方、中華料理を食べるうえでは間違いです。

れんげは、人差し指をれんげの窪みに沿って置き、親指と中指で挟んで使うのが正しい使い方です。

知らない方が多いので、これを知っておけば「きちんとマナーを知っている人」という印象を与えることができますよ。

まとめ

中華料理は、和食や洋食と比べてテーブルマナーはそこまで多くありませんが、これらのマナーは覚えておきましょう。

-食事