葬儀

弔問のマナー|駆けつけるタイミングや服装など

2017/10/14

ここでは、急な訃報を受けた際の弔問マナーをご紹介しています。

前半はタイミング・服装・必要なものなどをまとめているので、急ぎの方はそちらをご確認ください。

また、後半では故人と対面するときのマナーや弔問できない場合の対応をご紹介しているので、お時間のある方は参考にどうぞ。

スポンサーリンク

弔問のマナー5つ

訪問のタイミングは知らせを受けてすぐ

臨終の知らせを受けた場合、できるだけ早く駆けつけるのが弔問のマナーです。

臨終の知らせを受けるということは、家族や親戚、もしくは家族同様の付き合いがある方だと思います。

そんな方は、少しでも早く訪れてご家族を気遣い、故人との対面を果たしましょう。

服装は喪服ではなく平服

訃報は急なものなので、喪服ではなく平服で訪れます。

仕事帰りならスーツやワンピースなど仕事着のままで構いません。その際は、ネクタイを地味なものへ変えたり、アクセサリー類は外しておきましょう。

自宅からの場合は、ダークスーツやチノパン&シャツ、黒めのワンピース等であれば問題ありません。

持参するものは特になし

弔問には、何も持っていく必要はありません。

香典はお通夜や葬式に参列するときですし、お菓子やお花なども持参しないようにしましょう。

お悔やみの言葉をかける

弔問するときは、ご遺族へのお悔やみの言葉を忘れてはいけません。

事故などで急に亡くなった場合は、

あまりにも突然のことで、未だに信じられない思いでいっぱいです。本当に残念でなりません。

また、以前から闘病していた方が亡くなった場合は、

以前お見舞いに伺ったときは、あんなにもお元気でしたのに…。どうかお力落しされませんように。

などの言葉をかけるのがマナーです。

玄関先で失礼する

ご遺族の方は、葬儀の準備などでとても忙しいです。

なので、できるだけ家には上がらずに、玄関先でお悔やみの言葉をかけて帰るようにましょう。

もちろん、故人に会ってあげてくださいと言われれば、ご遺族の方に感謝して対面してあげてください。

スポンサーリンク

故人との対面におけるマナー

故人との対面には、次の手順に沿って行います。

その①

故人の枕元に正座し、両手を床についたまま一礼します。

その②

遺族の方が、個人の顔にかけてある布(白布)をとったら、個人の顔を軽く見つめます。

このとき、遺体には触れてはいけません。

その③

合掌をしながら祈り、一礼します。

その④

膝をついたまま少し後ろに下がり、遺族の方へ一礼してからその場を離れてください。

行けない場合は?

臨終の知らせを受けても、出張中や遠方に住んでいる場合はすぐにかけつけれません。

そんなときは「弔電(ちょうでん)」を送るのがマナーです。

弔電とはお悔やみの気持ちを表すもので、電話会社や電報を取り扱う会社に依頼すると対応してもらえます。

料金は1,000円あたりから用意されているので、ご自身の予算にあったものを選んでください。

  • お通夜・葬儀の日時
  • 相手、もしくは葬祭場の住所
  • 喪主の名前
  • 喪主と故人の続柄

などが必要なので、事前に把握しておくとスムーズに行うことができます。

その後、香典にお悔やみの言葉を添えて、初七日までに送るのが弔問・参列できない場合の対応です。

まとめ

臨終の知らせを受けてすぐの弔問では、平服でなるだけ早く駆けつけ、お悔やみの言葉をかけるのがマナーです。

また、故人との対面を頼まれた場合は、正しい手順で行うようにしてください。

お通夜や葬儀に関する記事もございますので、よろしければ参考にどうぞ。

>>お通夜・葬式の参列におけるマナー|受付・焼香・供花など

>>御香典のマナーがすぐわかる!金額や香典袋の種類など

-葬儀