社会人 食事

会社の忘年会に参加する際のマナー6つ|服装やお酌について

「入社して初めての忘年会なので、どんなことに注意すればいいのかわからない。。。」

そんな方のために、忘年会の基本マナーをまとめました。

服装、お酌、態度などなど、初めて参加する方が気になるであろうことをご紹介しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

会社の忘年会における6つのマナー

必ず参加する

  • 人付き合いが苦手だから行きたくない
  • 自分は主役じゃないから居なくてもいいのでは?

など、忘年会に参加したくない方もいらっしゃると思います。

ですが、よほどの体調不良などでない限り参加するのが、社会人としてのマナーであり、人付き合いの基本です。

1年間をお互いに労うイベントなので、皆が主役と言っても過言ではありません。

それに忘年会はそこまでかしこまった場ではないため、そこまで気疲れしないと思います。

10分前にはお店に到着しておく

約束の10分前には、お店に着いているのがマナーです。

先輩や上司が揃ってから、遅れて若手が入ってくるなんて、あまり良いとは言えませんよね?

なので、まだ皆が揃わない時間帯に着くよう行動しましょう。

20〜30分前に着いてしまうと、お店の方にも迷惑をかけるので、前もって交通機関のシミュレーションをしておくのもおすすめです。

お酌をして回る

忘年会がスタートしたら、頃合いをみてお酌をしてまわりましょう。

お酌は、1番目上の方から尋ねていくのがマナーなので、必ずその会で1番偉い人から行くようにしてください。

このとき、少しくらいの会話は必要なので、

「今年はお世話になりました。〇〇の件を無事終えることができたのも△△さんからご指導いただいたおかげです。本当にありがとうございました。」

など、何か関わりのあった話しから切り出せるとスマートです。

くれぐれも「どうぞ」とだけ言って、その後沈黙にならないよう注意しましょう。

お酒の注文などは率先して行う

皆のグラスの残量を確認しながら、新しいお酒の注文などをとりましょう。

基本的には幹事が気を配っていますが、幹事のサポートをするのも新人・若手の役目です。

ましてや、言われる前に率先して動けば「お、コイツは気配りができるな!」と高評価につながる可能性もあります。

お酒の注文だけでなく、料理の取り分けなどもスマートにこなせると尚良しです。

場所に合わせた服装で参加する

仕事の後に忘年会なら、そのままスーツや仕事着で行けばいいでしょうけど、偶然休みの日だったら迷いますよね?

その場合は、忘年会の場所で決めるといいでしょう。

  • ホテル内の会場:男性はスーツスタイル / 女性はワンピーススタイル
  • 居酒屋:チノパン、襟付きシャツ、ワンピースなど

ホテル内だとドレスコードを設けていることがあるので、スーツやワンピースが無難です。

それとは逆に、居酒屋のような空間なら、派手じゃない私服であれば大丈夫でしょう。

無礼講だけど礼儀は大事

「無礼講=上下関係なく楽しもう」という意味ですが、この言葉を鵜呑みにしてはいけません。

無礼講だからと言われて、先輩や上司に馴れ馴れしく接すると、おそらく怒られます。

この場合の無礼講は、「今日くらい仕事の堅苦しい話は抜きにして、お酒・料理・雑談を楽しもう」というニュアンスです。

たとえ仲良くなりたくても、距離の縮め方に注意してください。

スポンサーリンク

こんなときどうする?

一発芸をしてと無茶ぶりされた

忘年会が盛り上がってきて、急に先輩や上司から「何かやって」と無茶ぶりがあるかもしれません。

こんなとき、何かできるのであれば積極的にやった方がいいでしょう。

「パワハラです」や「やる意味がわかりません」という人と、スベりながらも一生懸命やる人、どちらの方が可愛がられるかは明白です。

忘年会までにモノマネでも練習してみてはいかがですか?

お酒が飲めない

お酒が飲めない方は、無理して飲まなくても大丈夫です。

注がれる前に「お酒が全く飲めないので、申し訳有りません」と断りましょう。

ただし、お酒を注がれてしまった場合は、グラスに口先をちょんとつけてから置くのがマナーです。

二次会に誘われた

二次会にはできるだけ参加することをおすすめします。

不参加でも文句は言われないでしょうが、参加すれば「付き合いが良い」というプラスの印象を与えられるかもしれません。

それに、親密度が上がることで、今後の仕事がやりやすくなる可能性もあります。

三次会以降は、体力に余裕があれば参加、ムリなら帰りましょう。次の日が仕事なら、支障をきたさないよう注意してください。

新人・若手は幹事の動きをよく見ておこう

これはマナーというよりアドバイスなのですが、幹事の動きをよく見ておくことをおすすめします。

いくら新人といえど、翌年には幹事を任せられることも珍しくありません。

そのときに、前幹事にアレコレ聞くよりも、ある程度知っていた方がスマートです。

  • どのように司会・進行しているか
  • 寸志を披露するタイミングはいつか

など、色々と学ぶことが多いと思いますので、注意して見てみてください。

まとめ

会社の忘年会で注意すべき6つのマナーは、次のとおりです。

  • 必ず参加する
  • 10分前には到着しておく
  • お酌をして回る
  • お酒の注文などを率先して行う
  • 服装は場所に合わせて選ぶ
  • 無礼講を真に受けない

また、一発芸や二次会への誘いは断っても良いですが、できることなら受けるのが理想です。

それらにさえ気をつければ、後はお酒や料理、雑談を思う存分楽しみましょう。

-社会人, 食事